乳がん手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

非浸潤の疑いでしたが、浸潤性乳管癌   [管理番号:5898] 
1、いまのところ三ヶ所に浸潤がみつかったようですが、これは同一乳管で、同じ種類の癌ですか?ルミナールBですか?
三ヶ所に浸潤ありますが、予後や薬物療法は最大浸潤である5㎜で考えていいのですか?

2、9センチもとって、まだ断片陽性ということは、まだまだ浸潤部分がある可能性もありますか?
最大浸潤が5㎜をこえることもありますか?

3、ERが40パーセント程度に弱い染色、
pgR.陰性というのは、いちよう効くが少ししか効果ないということですか?

4、ki-67は高いほうにはいりますか?
名前忘れてしまいましたが、40万くらいの検査をしたほうがいいですか?
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤迷ってます   [管理番号:5083] 
ステージ1で、4分の1強乳房温存療法で切り取りました。
リンパ節生検は陰性でした。
今ホルモン治療(タモキシフェン)をしています。
落ち着いたら放射線をするとのことですが、
抗がん剤については効果とマイナスは五分五分だそうです。
1,2センチ。
脈管侵襲はないのですが、気になるのはHer2陽性であることです。
この場合やっぱり一般的に抗がん剤はやったほうがいいのでしょうか?
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン治療について   [管理番号:5908] 
抗がん剤治療は必要なく、放射線治療とホルモン治療をと言われ、放射線治療は終えました。

本来ならホルモン治療を始めるべきなのだと思いますが、ホルモン治療を始めた場合、年齢的にもう妊娠は厳しいといわれ、治療を開始することを躊躇しています。

現在独身で卵子凍結も勧められましたが、そうしたことは考えたことがなく、できることならいまはホルモン治療をせずに、まだ妊娠の可能性を残しておきたいと考えています。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法   [管理番号:5907] 
充実腺管癌
Invasive ductal carcinoma with DCIS
0.7×0.7cm pT1b
f,ly0,v0
Nuclear grade1
pT1bN0,cM0 pStage1A
Her-2(1+)
ER90-100 PgR90-100
ki-67(9%)

これからの治療は注射2年と経口の抗エストロゲン剤を5~10年のホルモン療法と言われています。

この治療について、先生ならどのようにお考えになりますでしょうか。
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。