乳がん手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後の治療と妊娠、出産について   [管理番号:5903] 
①先生の患者さんの中で、術後、治療前に妊娠、出産されたかたはいらっしゃいますか?

②もし先生が私の主治医だとしたら、治療を優先したほうがいいと思いますか?数字的なデータではなくても、治療を延期した場合のリスクをどうお考えになりますか?アメリカのサイトのデータはどの程度信じていいものなのでしょうか?

③妊娠中はマンモグラフィーやCTなどの検査ができなくなりますが、もし再発、転移などがあった場合、出産後かなり進んでしまっていることも考えられますでしょうか?
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

胸骨傍リンパ節の腫れについて   [管理番号:5902] 
主治医は、経験豊かな外科医で術後の傷の経過も良く、痛むことも無く、腕も良く動きます。

良い先生に手術して頂いたと感謝しています。
良くして頂いていると感じています。

腋窩リンパ陰性で胸骨傍リンパ節陽性ケースは、自分なりにネットで調べても具体的な治療例は探せず、転移再発の不安で押し潰されそうで、後悔はしたくないと考えます。

胸骨傍リンパ節の腫れは、先生のご経験から推測されると、がんの可能性が大きいでしょうか?
田澤先生のお考えとメリット・デメリットを教えてください。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がん   [管理番号:5890] 
質問①主治医の先生は、大きめ(全体で3センチぐらい)に切ってしっかり取った自信はあるようにおっしゃいますが、本当に追加切除は必要ないのでしょうか?プリントアウトしてもらった病理診断結果には記載がないですが、口頭では断端陰性の説明は受けています。

質問②プリントアウトしてもらった病理診断結果には、高度の腫瘍辺縁部脈管侵襲(-)と記載されていますが、どんなに早期であっても浸潤癌の場合はセンチネルリンパ生検をするとネットでは書いてあるし、こちらでの田澤先生のご説明にも度々出てくるので、本当にしなくて良かったのかが不安です。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

温存手術後の全摘手術について   [管理番号:5901] 
浸潤部はごくごく小さい範囲であったが、しこりの周りに非浸潤癌(根っこ)が広がっており、切除した範囲の際まで続いていたため、残してきた乳腺にも残っている可能性ありといわれました、ただ、切り取った場所(体の中の上下左右)の4か所の検査からは、癌は出ませんでした。

今後の治療として、乳房全摘も視野に入れて考えてくださいと言われました。
やっと、温存手術も無事終わり、ほっとしたところで、また再手術(それも全摘)にびっくりしています。
放射線治療、ホルモン療法では無理でしょうか。
<女性:65歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。