乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

田澤先生にアドバイスをお願いします   [管理番号:5661] 
当人は日に日にしこりが大きくなり数が増えるため非常に焦っていて怪しげな遺伝子治療や免疫療法も試そうとしている状態です。

そこで田澤先生に質問なのですが、すぐタモキシフェンを始めた方が良いのか
それとも主治医の言う通り放射線治療の後すぐイブランスを服用した方が良いのか。

自称「先進治療」の怪しげな治療は受けても良いのかご教授いただければ幸いです。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後抗がん剤使用   [管理番号:5666] 
右側全摘手術を受けました。

その際に実施したセンチネルリンパ節検査で、7個中1つの陽性。

病理検査の結果、抗がん剤(AC・タキサン系)と、ホルモン剤の提示がされました。

HER2は、病理検査は1プラスであったものの、最初細胞診で2プラスであったため、再検査となっています。

最初に行った細胞診と手術後の病理結果の値の差があったこともあり、このこの治療方針が正しいのかが分からず困惑しています。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

本当に非浸潤癌か?術後治療は本当に不要か?心配です   [管理番号:5665] 
左乳房の非浸潤癌と診断され、全摘手術を受けました。

部分切除もぎりぎり可能だったようですが、再発がないように敢えて全摘を選択しました。

センチネルリンパ節には転移なし、全摘した乳房の病理検査の結果も非浸潤癌とのことで、今後は治療なしの根治ということになりました。

しかし、これで終わったのだと安堵している反面、本当に、放射線やホルモン、抗癌剤等の術後治療が不要なのか、と心配もぬぐい切れません。

というのは、術前に、最初に非浸潤癌と診断された箇所以外にも、後からエコーと
MRI検査で癌かもしれないと疑われるものが見つかっていたのです。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

胸のしこりと痛み   [管理番号:5395] 
右胸だけじーんとした痛みがあり、母乳の回数をだんだん減らして、1回にしたのでそのせいかなと思っていましたが、胸はもう張ったりすることはないのに痛みは消えず、右胸を触ってみると右上にしこりかありました。

乳腺外来で受診したところ、エコーで3センチ位のしこりがあり、針正検をしました。

子どもが1歳前後の授乳中に右胸はしこりが頻繁にでき、乳腺炎に何度もなり、マッサージに通ったりもしていました。
自分でしこりをぎゅうぎゅう押してつまりを解消したりもしていました。

その影響で乳ガンになったり、その後何かしこりのようなものが出来てしまうということもあるのでしょうか。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

造影MRI   [管理番号:5664] 
9月半ばに右の乳がんがわかりました。

今わかっていることは
ルミナルB
HER2陰性
ki-67 39.1%
ステージ1

大きさは13ミリですが、造影MRI検査では別の場所にも広がりがあると言われます。

その造影MRI検査で、対側の左胸の乳頭近くに染まりがありました。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。