乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

迷っています   [管理番号:5620] 
色々調べていると、しこりに現れなくても乳管内の癌もあるとゆうことを知りました。
それを考えると今は入院よりも、命の危険のあるそちらの検査をまず先にするべきではないのかと。
(最悪、入院を先延ばしにしても死ぬ事はないので。)
ちなみに入院先は総合病院ですが入院中に他の診察を平行する事は無理と言われました。

しかしその乳腺外来の先生の言葉を信じるならば、現状、焦らなくても大丈夫とゆうような雰囲気にも取れ、癌の可能性は低いのか?とも取れました。
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

化学療法の必要性など教えてください   [管理番号:5578] 
1. 化学療法をした方が良いと思われますか。

2. ホルモン療法のみと化学療法(シクロホスファミドとエピルビシン)の上乗せを行った場合の再発リスクの差はどの程度変わるのでしょうか。

3. オンコタイプDXで確認した方が良いと思われますか。

4. Ki67の数値が50%でしたら、オンコタイプDXでの再発リスク結果は中間リスクとなる可能性は高いでしょうか。

5. オンコタイプDXの結果が中間リスクの場合、化学療法をした方が良いでしょうか。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳管内腫瘤   [管理番号:5619] 
診断
右乳管内腫瘍

60代ぐらいの人でしか見た事ないと言われ、頭が真っ白です。

パチンという大きな音がなる組織針を2回ほど刺して、週末に結果がでますが、何が何だかわからず混乱しています。

ペーパーでとった分泌液は400で、通常は100です、と言われました。

エコー結果の紙も説明されたのかもしれませんが、頭が真っ白だったことで、わかりませんでした。

自分で調べれば調べるほど不安が増します。

血流豊富、や、60代ぐらいの人、など、
良性の場合、また悪性の場合どうなるのか、など不安だらけです。
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

9㎜のしこり   [管理番号:5618] 
高度出血性背景に、裸核様濃縮筋上皮や双極裸核を伴い、乳管上皮細胞は小型の管状集塊や小集塊で散見されます。
小型核で明らかな異型細胞は認められません。
fibroadenoma由来が示唆されますが、一部出血塊に被われ、判定困難な集塊が見られますので、follow upは望まれます。
良性と診断され、半年後にエコーをして腫瘍が大きくなっていれは針生検の必要性があります。
それまでは経過をみましょうといわれました。

細胞診で確定診断できるのでしょうか。
針生検の必要はないのでしょうか。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

異時性両側乳がんについて   [管理番号:5617] 
15年前に左非浸潤性乳がんで全摘、ホルモン治療で完治しています。
今回、右側の初期浸潤性乳がんと診断され、手術待ちをしています。
15年も過ぎての手術に気が滅入ります。
両側乳がんの頻度、予後について教えてください。
今回は8ミリ、ホルモン療法の予定です。
発見から3ヶ月もあり、その間にリンパ節に転移しないかと心配です。
前回は左に放射線をしているので今回はしない方がいいですか?
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。