乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

非浸潤性乳管癌の放射線治療について   [管理番号:5608] 
マージンを聞いたところ2cmはとれているとのことでした。

放射線治療をすると目に見えない残っている癌細胞を死滅させられるということです。

非浸潤の状態で見つかったこともあり、放射線治療を迷っています。

治療後の肺炎などの副作用も気になります。
(5%程度と聞きました)

非浸潤癌でも再発することはあるとはあるようですね。

また再発時には浸潤癌での再発も半分くらいだということでそれも怖いです。

先生ならこの状態での放射線治療はどう思われますか。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

マンモトーム生検結果前ですがよろしくお願いします。   [管理番号:5499] 
・がんであれば、種類は生検で確定されるのでしょうか?
・マンモトーム生検の結果待ち時点ですが、他の方のように専門用語が書かれたような書面を頂いたことがありません。
通常はそのようなものなのでしょうか?生検結果後に書面は渡されるものなのでしょうか?
・穿刺吸引細胞診とMRIで「悪性の疑い」が出て、その後、マンモトーム生検でそれが
「良性」に覆されることは、まず考えにくく可能性はゼロに近いでしょうか?
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

圧痛と乳がんの関係   [管理番号:5607] 
【質問】
①圧痛と同一部位がDCISになる可能性はありますか?
②今回、嚢胞が破裂してエコーやMRIに所見が出たという仮定は飛躍した発想でしょうか?
③今後の治療は、全摘が適正でしょうか?
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールBで抗がん剤を追加するかどうかについて   [管理番号:5606] 
検査結果から算出された10年生存率は88.7%、抗がん剤を追加することによる改善は2%、とのことで、今後の治療方針については、
「ホルモン剤による治療は確定、あと抗がん剤をするかどうかは後日相談」
とのことでした。

ルミナールBであり、ルミナール型ではありながらホルモン感受性は低く、脈管侵襲もあり、KI67値も高いので、10年生存率はもっと低いものと思っていました。

また、抗がん剤が当然適用されるものと思っていたので、抗がん剤治療による生存率の改善が2%と聞いて驚いています。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

再発スコア16抗ガン剤は必要か   [管理番号:5605] 
オンコタイプDX結果
再発スコア16
5年再発又は死亡率
タモキシフェン単独療法 25%
タモキシフェン+化学療法 27%

医師からは閉経前でリンパ節転移4個以上の
データはまだ不十分な所があり、再発スコア10未満であれば低リスクと言えるが、再発スコア11~17であれば抗がん剤をすすめると言われました。
3%くらい確率を減らせるだろうとのお話でした。

私は抗がん剤を出来ればやりたくないのですが…した方が良いと思われますか?
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。