乳がん手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

再発率と抗がん剤治療後のホルモン治療における薬剤選択について   [管理番号:5536] 
ルミナールb、年齢も若くリンパ節転移も認めたため治療はしっかりしておきましょう
という主治医の方針のもと、今現在EC4クール後のドセタキセル4クールを投与しおわったところです。
今後は放射線、ホルモン療法とフルに治療していく予定です。

この場合の私の再発率はどの程度になるでしょうか?

また主治医には現時点で化学療法による閉経状態となっているため、
LHRHアゴニストは投与せず、月経が再開するようなら投与開始とし、
それまではフェアストンの内服で経過を見てたいきたいと説明されました。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

HER2 ステージ4 肝臓転移 今後の治療について   [管理番号:3809] 
53歳で、閉経しています。

今年4月に以下のような乳がん診断がなされました。

浸潤:あり
腫瘍径:50X43X20ミリ
エストロゲン受容体:陽性
プロゲステロン受容体:陰性
HER2:2+/fish:陽性
Ki67:40%
リンパ転移:あり
遠隔転移:肝臓(右半分)
サブタイプ:ルミナールB+HER2
ステージ4

治療として、ハーセプチン、パージェタ、ドセタキセルを7回投与したところです。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

左胸のしこり   [管理番号:5535] 
月1の自己検診をしています。

自己検診で起き上がった状態で左胸を触った時に、しこりを感じました。
角度を変えて触ると、
そのしこりはないように思います。

仰向けでも確認しようと、そのしこりの部分を触ると骨なのか、しこりなのか、普通なのかが、
わからなく何度も、その部分を触ってグリグリしてしまい次の日に、その部分が痛くて、ふと見たら、うすい黄色(内出血?)になっていました。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。