乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳房石灰化 要再検査   [管理番号:5294] 
8月に入り、人間ドッグの結果が届き「乳房石灰化」と紹介状が同封されたものが届きました。
不安が募ります。
今までも「石灰化」は言われておりましたが、良性でしょうとのことで再検査対象になったのは初めてでした。

不安に思い胸を触ると乳頭したあたりに小豆のようなものが触れました。
しかし、これは、昨年もあったもので、そのときエコーで見てもらったお医者さんには、「大丈夫ですよ。」と言われていましたので、安心していました。

今、触ると表面がごりごりした平たいものとくっついているような感覚です。
そして、乳頭をつまんでみたら、オレンジ色の汁が飛び出しました。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後センチネルリンパ節に2.1ミリの転移わかりました   [管理番号:5343] 
センチネルリンパ節に転移なしとのことで郭清をしませんでしたが、
病理の結果、センチネルリンパ節に2.1ミリの転移がありました。

主治医は、微小転移と考えていいので、ホルモン治療タモシキフェン(閉経しているかはっきりしないため)のみでよいとおっしゃります。

他のリンパ節にも転移があるのではないかと心配です。

放射線治療若しくはオンコタイプDXの必要はありますか。
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の結果   [管理番号:4738] 
術後、センチネルリンパ節を3つ取り、3つとも転移はありませんでした。

そして、術後の病理の結果を聞いたところ、がん細胞が見つからないとの答えが返ってきて、かなり動揺しております。

病理の先生は、全摘した検体からはがん細胞は見つからなかったので、
もう一度マンモトーム生検をした細胞をチェックしたいとのことで、ただいま結果待ちです。

こんなことはありえるのでしょうか?
乳がんと診断され、手術までして、がん細胞が見つからない。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

放射線療法について   [管理番号:5286] 
退院後の外来で、腫瘍は2ミリ、浸潤と非浸潤が混在している、放射線療法は無理にする必要はないが、受けたければ次の外来までに自分で決めてください、とのことでした。
ホルモン療法のお話はなく、それ以外の病理の結果についても説明はありませんでした。
ステージは1だそうです。

1、温存手術後の放射線療法は、必須と考えていいでしょうか?
2、腫瘍が小さければ、放射線が必要のない場合もあるのでしょうか?
再発が心配なので、自分としては治療を受けるつもりでいましたが、主治医より、そのように言われ悩んでおります。
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ゾラデックスについて   [管理番号:5342] 
7月(上旬)日に、3ヵ月に1度のゾラデックスが最後で2年間の注射は終了しました。

2週間くらい前から、歩くとふわふわした所を歩いているようで、めまいがひどく、
診察してほしいと病院に電話をしました。

しかし、薬でそのようなことにはならないから、耳鼻科に行って診察してもらって、
そちらで異常がなければみてあげると言われ、診察もしてもらえませんでした。

私としてはゾラデックスかノルバデックスの影響ではと思うのですが、先生はどう思われますか?
またこれらの薬でめまいはおきないものなのでしょうか?
先生も耳鼻科をすすめますか?
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。