乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後の病理結果について   [管理番号:5261] 
5月に浸潤性乳管癌と診断され7月に右胸全摘出術と乳房再建術を行いました。

8月に入って病理結果が出ました。

浸潤径45ミリ
エストロゲン、プロゲステロン共に陽性
HER2、+2(Fish検査中)
ki67、10%
核グレード、1
リンパ節転移なし
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

5月に乳頭乳輪皮下全摘手術をカナダで受けました。再度手術が必要か先生のご意見を伺いたいです。   [管理番号:4908] 
今年4月初旬に乳がんの診断を受け、5月に右胸、乳腺のみを摘出する乳頭乳輪温存皮下全摘手術をカナダ、トロントの病院で受けました。
日本とカナダでは治療方針が異なることや充分な説明が医師から無いこと、又手術の日程が思ったより早くに決まったために自分自身この病気における知識がないまま手術を受けてしまったことを後悔しており、再度手術を受けなおした方がいいのかどうかを迷っています。
現在はカナダでセカンドオピニオンを受けられるかどうか、再手術を受けるなら日本に帰国し貴院で受けることが可能がどうかも含めてお聞きしたいと思っています。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

全摘後の局所再発についてご相談   [管理番号:5260] 
今回の断片陽性ですが、前回のこともあるので、私は再手術をしたほうが良いので
はないかと思うのですが、ドクターチーム(手術、がん科、放射線科)の3人とも、手術なしで放射線で大丈夫、その部分にフォーカスして放射線をあてれると言っていました。
転院をしたときに、初発の病理検査結果を見て、本来なら放射線をしておくべきだったと言われました。
ただ、今回は初発の断片陽性と状況が違うと言われました。
明日直接会って話す予定ですが、田澤先生はいかが思われますか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳管内進展が進んでいた場合の術後治療について   [管理番号:5203] 
全摘したけど術側の胸壁やリンパ転移(再発)の可能性もあると言われたのですが、乳腺がないのに術側に再発とは?
リンパも?と、理解できないのですが、どういう事でしょうか?

マンモに写らず、触診とエコーでは判別できるしこりは12年前から存在していて
毎年乳腺外来を受診していたのにこんなに広がるまで見逃されていた現状で、色々と不安を感じます。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ルミナルA、全摘   [管理番号:4846] 
質問なのですが、
全摘した場合も、ホルモン剤治療は必ずしないといけないのでしょうか?術後ホルモン剤を使用しないと、どうなってしまうのでしょうか?
右胸にもしこりはあるといわれましたが、とくになにも言われていません。
ホルモン剤治療をすることで右胸の乳がん化が起こらなくなるのでしょうか?
MRIで、今回子宮も怪しいと言われて、婦人科も受診する事になってしまいました。
ホルモン剤の副作用で子宮系のガンなどは悪化するのでしょうか?
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ浸潤性小葉癌 右乳房全摘術後化学療法中です。使用する抗がん剤の種類(タキサン系の使用)についてご相談させてください。   [管理番号:5259] 
2月に診療所の針生検にて右乳房非浸潤性乳管癌の診断で、○○病院を紹介、病院からは乳房温存手術を勧められましたが、全摘+センチネルリンパ節生検の選択肢を希望して、5月(上旬)日に手術をうけました。
最終病理診断が、トリプルネガティブのinvasive lobular ca.(浸潤性小葉癌)となったため、外来化学療法でECを4クール
の予定で現在2クールが終了したところですが、治療方針はECのみで終了の予定と聞かされております。
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。