乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳がん治療について   [管理番号:5169] 
①生検の結果と、術後の病理検査が変わることは、先生のご経験上よくあるのでしょうか?
KI67-2%というのが…あまりにも低くて、良かったと思う反面、本当なのかな?ととても不安です。

②主治医の先生の話では、精密検査で転移など大まかな事が分かるとのことでしたが、
リンパへの転移は手術してみないと分からない事が多いのでしょうか?

③この様な状況でも、リンパ転移や血管侵襲の可能性はあるのでしょうか
リンパ転移や血管侵襲は、サイズやグレードと比例するわけではないのですか?
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

細胞診から手術   [管理番号:4954] 
マンモ、エコーを受け、「マンモではしこりとは言いにくいが、石灰化がありエコーと一致している。
確かにしこりがあるから細胞をとって調べましょう」となりました。

その一週間後「陽性」と出たと言われ、がんと告げられ、その一週間後に全身麻酔手術の予定となりました。

見た感じしこりは2センチ程度とのことですが、それ以外の詳しい値や、治療計画などは、手術して調べないとわからないとのことです。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

全摘後の局所再発   [管理番号:5143] 
治療中のなか、
先月、術側脇の下のライン10センチ下あたり(最初のしこりがあった近く)にシコリがみつかり、局所麻酔で摘出しました。
その病理は、
5×7ミリ ERは強陽性、PGRは陽性
ki67は10%でした。

質問①再発は筋肉近く脂肪幹にあったそうで、目に見えないがん細胞が四年かけて大きくなったんでしょうと医師。
本当にそうでしょうか。
全摘後の局所再発はほとんどないような記述をよく見かけます。
取り残しではないのでしょうか。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

検査への医師への不信感   [管理番号:5168] 
・麻酔をしているのに激痛があるのはどういうことか?(正確に細胞がとれているのか)
・陰性と出た場合、その後の検査はどうなるのか(しこりをとっての検査はやっていないとのこと)
・経過観察で手遅れにならないか
・陽性と出た場合はそこで手術するしかないのか。
(検査が不十分で陽性→陰性はありえないのか)
・陰性の場合、セカンドオピニオン(できれば田澤先生の病院)を希望できるのかできるのか。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

葉状腫瘍のマージン   [管理番号:5167] 
しこりが10センチをこえる大きさでマージンをとろうにも皮膚に達してしまうためほとんどとれなかったとのことだったのですが、そんなことはあるのでしょうか?
胸自体はFカップでそんなに小さめではないです。

医師は手術前から葉状腫瘍とは言われててホントは十分なマージンをとって手術したかったが皮膚に達してしまうためあまりとれなかったとききました。

そんな場合はありますか?
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

右胸肋骨近くのしこり   [管理番号:5166] 
第1子妊娠中(8年前)に右胸内側肋骨近くにしこりを感じ、産後近医(外科)にて 線維腺腫 と診断され、以後定期検診を受けていました。
その後、そのしこりは消えたりもしましたが、職場の健康診断時にも乳がん検診を追加して受け毎年その部位については、初診以降特に指摘されずに経過していました。

昨年のこの時期にも右胸に痛み?しこり?を感じ、検診を受けましたが、右胸については触診・マンモグラフィ・エコーにて所見無しでした(逆に、左胸外側には石灰化が発見されました)。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

インプラント再建後のしこり   [管理番号:4859] 
インプラントに入れ替え後今年3月卵巣嚢腫の為卵巣全摘出手術を受けました。
質問ですが、先週術側の中央やや上にしこりを確認しました。
エコーでは1cmで針を刺し細胞検査を受けました。
やはり再発でしょうか?良性の可能性はありますか?
もし再発の場合今後の治療法について教えて下さい。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。