乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

非浸潤性乳菅癌   [管理番号:4991]
非浸潤性乳管癌で最終病理で、DCISの残り?2箇所、異形乳管、良性腫瘍がありました。
腫瘍は6?7ミリ位と小さいです。

取りきれている為、理論的には治癒だが…。
放射線治療とホルモン療法を提案されています。

手術は部分切除、センチネルマイナスです。
必要性は頭では理解しているつもりですが、理論上治癒なのに….と、何となく決心がつきません。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

温存手術 病理検査の結果癌が出なかった   [管理番号:4990]
温存手術。
病理検査の結果 癌の細胞が出なかったんです。

こんなこと あるのですか?
細胞検査をし、カルチノロイド?と言われて温存手術をしました。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

やはり乳がんでしょうか?   [管理番号:4157]
10月にマンモを受け、右胸石灰化 カテゴリー2、左胸下集箋性石灰化
カテゴリー3 要再検査の結果でした。

11月(中旬)日にエコー、12月(中旬)日に出た結果は、特に異常ありません。
ここで検査を止めても良いですが、石灰化を見つけて下さったので、MRIを受けてみますか?と言われました。
2週間~3週間前に、左胸下内側にしこりが触れました。
そのしこりは押すと痛く、押した後その付近が痛いような気がします。
しこりも気になったので、12月(中旬)日に血液検査・MRIを受け、
(中旬)日の結果が、腫瘍マーカ-は上ってませんが、乳ガンの疑いがありますでした。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後 11年目の局所再発について   [管理番号:4989]
11年前、45歳の5月に左乳癌 2.1mm大きさ2つ ステージ2a リンパ転移なしで温存手術をし、術後に抗がん剤治療(何クールかは忘れてしまいましたが当時で標準~最高だと思います)と放射線治療(こちらも標準回数だと思います)を受けました。

ホルモンマイナスでホルモン治療しておりません。

昨年の5月で術後10年になり、全身検査を受けました。

そこで手術をした左乳房にMRIの結果(マンモグラフィーとレントゲンでは異常なし)前回とは反対側に線維腺腫と思われる物がある 良性かどうかのかどうかの判断つかず という結果が出ました。
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。