乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

温存療法後、リンパ節再発に関する質問です。   [管理番号:4934]
放射線治療を行った後、
タモキシフェンによるホルモン療法を始めたのですが、重い副作用が出てしまいました。

一旦はフェアストンに切り替え、多少症状は軽くなったもののやはり辛かったので、結局は薬を飲むのをやめてしまっていました。

3ヶ月おきに検診をしておりましたが、
今年、6月になってエコー検査により、右乳房の脇の少し上あたりのリンパ節の1つに形状の異常が見つかり、細胞診を行ったところ悪性との結果が出ました。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

しこりと痛み   [管理番号:4933]
1週間ほど前から左胸上部外側に少ししこりのようなものを感じます。

硬いと言えば硬い、動くと言えば動くような・・・直径は7mくらいで乳腺に埋もれているのか形がはっきりしませんが、平らではないように思います。
デコボコしているかもあまり判別がつきません。

ハリも左だけ強く、少し大きくなった気がします。。
今までと形が違っていたり乳首から分泌物が出るようなことはありません。

痛みはありますが我慢できる程度、生理中の痛みに似ていると言った印象です。
ちなみに左ほどではありませんが右胸も生理の時のような痛みがあります。
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がん術後にエコーに映るリンパ節   [管理番号:4932]
術後すぐにエコーで、術側腋窩リンパ4mm台が映り、形が丸かったので細胞診をして陰性でした。

その後、3か月から半年ごとにエコーをしていますが、この2年半、大きさも形も変わっていません。

さらに1年前には両方の鎖骨上に、2mm×3mm(術側)5mm×2.5mm(対側)のリンパ節が映りましたが、この1年で変化はありません。

じつは先日のエコー検査で、術側腋窩のいつもの丸い4mmリンパ節のそばに、もうひとつ新たに、2.5mm×3.5mmくらいのリンパ節が映りました。

3か月前までは映らなかったものです。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術について等   [管理番号:4931]
ホルモン受容体ER90% PR60%、HER2陰性、
Ki67値10.2% 、病理学的悪性度1でルミナルAタイプと診断されました。

AB領域で、腫瘍は12mm程で、温存手術の後、放射線治療とホルモン療法の予定です。

3cm程、円柱にくりぬく手術になると主治医に言われました。

今は手術前です。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

妻の乳がんについて   [管理番号:4930]
①妻の乳がんの右胸は局所再発でしょうか?
遠隔転移なかった場合のステージはどうなるのでしょうか?
②術前化学療法を進められ、術後、遺伝性だった場合治験の抗がん剤を進められてます。
術前化学療法の場合は化学療法中に遠隔転移する可能性はあるのでしょうか?
私としては、手術先行してほしいと思っております。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。