乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

検査・治療による照射について   [管理番号:4807]
昨年右側乳がんの温存手術をし、25回の放射線治療を受けました。
手術前後に、マンモ・CT・MRI・レントゲン、骨シンチ、骨密度の画像検査をし、この一年でCTだけでも4回撮りました。

ようやく落ち着いた今、被爆がとても気になります。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

セカンドオピニオンについて   [管理番号:4806]
左胸を触った時にしこりを見付けて近所の病院を受診しました。

左胸外側上部にしこり
大きさ14ミリ
細胞診の結果待ち

で明日検査結果を聞きに行くのですが、担当医師に信頼がおけません。

こちらのサイトを見て、そちらに伺いたいとも思いましたが、諸般の事情により地元を離れられません。

担当医師からはしこりの位置からしても悪性に間違いないと言われています。

このままこの病院で手術、通院をして正しいのか?と悩んでいます。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

タモキシフェン   [管理番号:4805]
1年8ヵ月程前に乳房温存手術を行いタモキシフェンを服用しています。
2ヵ月程で生理が止まり、最終月経から1年半たちました。
その間に3回エストラジオール値を計り、いずれも10~12の間でした。
担当医はまだ少し数値が高いとの事で、最終月経から2年過ぎた頃にアロマターゼに切り替えると言われました。

最終月経から1年してから、アロマターゼに切り替えると、聞いた事がありますが、
2年で切り替えても、予後に影響しないでしょうか?
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤治療について   [管理番号:4804]
針生検を受けました。
その結果、1.8cmと近くに0.8cmの腫瘍と言われました。ステージは1との診断。
ER95%、PgR23%の陽性で、HER2 3+ Ki67は、29.6%とのことで、ルミナルB,HER2タイプとの診断で、術前にホルモン抑制剤フェマールとアブラキサンを3か月、その後ハーセプチンを3か月してから、手術をするといわれました。
術前に抗がん剤をするのは、ガンを小さくするのと、薬の効き目を確かめるためだそうです。
フェマールは服用していますが、65歳という年齢で、抗がん剤を使うことに不安があります。
できるだけ抗がん剤を使いたくないです。
<女性:65歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。