乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

ホルモン治療、放射線治療等について   [管理番号:4780]
放射線治療(LINAC)33回66グレイ受けましたが、私の状態で33回受ける必要があったのか不安になりました。
脇の下にも放射線をあてました。

放射線医に聞いたところ、広がりがある為と、年齢が若いからと言われ、広がりの大きさも聞いたのですが、15mm以上ではないから大きさはわからないと言われ、大きさは9mmとしか聞いていなく、広がりの意味がわかりませんでした。

33回もする意味があるのか結局不安なまま33回を終えました。

広がりとはどういったものなのでしょうか?
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の病理診断   [管理番号:4731]
術後の病理診断が出まして
おとなしいタイプのガンで
抗ガン剤はしなくても良い。

97%の確率で良くなるだろうと言っていただき、ホルモン治療タモキシフェン服用で治療する事が決まりました。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

針生検 判断つかず   [管理番号:4779]
また一年後、再度細胞診して結果、良性。

その後、妊娠出産授乳があり2年4ヶ月程期間があいて再度細胞診して結果、良性。

その後一年後、今年の4月の乳がん検診で、形も少しいびつだし念のため細胞診してみましょうとのことで、結果、クラス3でした。

先生がもう少し太い針で検査してみましょうとのことで検査しましたが、やはり良性悪性の判断をつけれない。
三ヶ所(3回?)のうち、二ヶ所は良性だけど、一ヶ所から異形細胞があり良性を疑うがやはり悪性も否定できないと言われました。

大きさは最初発見した時からほぼ変わってないようです。

このまま短期間の経過観察をする …

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ステージⅡA、ルミナールBの治療等について   [管理番号:4778]
病理の結果がでました。

浸潤がん、閉経前、しこりの直径 34mm、広がりの直径 80mm、腋窩リンパ節転移 なし、
グレード3、増殖能 強い(ki67:53%)、腫瘍周囲の脈管侵襲 なし、ER 高度、PgR 高度、HER2発現 染色法0、最終病期T(2) N(0) M(0) ステージⅡA
ルミナールB ということで、化学療法(3週ごと、4回)→内分泌療法10年(生理が再開したら注射もあわせて)ということになっています。

①今後の治療について 先生のご意見をお聞かせください。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤性乳がんと診断されました   [管理番号:4777]
触診して乳癌と判断できるということはかなり大きくなっているということでしょうか。
そのため、全摘となっているのでしょうか。

3ヶ月前に診ていただいた時には担当医は何も言っていませんでした。

3ヶ月で触って分かるようになるということは、進行が速いのか。
それとも、3ヶ月前にも手には触れていたけれど、判断がつかないので伝えてもらえなかったのか。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法について   [管理番号:4715]
今年2月温存手術済、浸潤けい1cm、グレード1、ホルモン陽性(各90%)、ハーツー陰性
ki67 5%
センチネルリンパ 微小転移1(術後病理検査で判明。
術中には陰性とされました)

現在タモキシフェン服用中です。

微小転移があったため、主治医がリュープリンもやったほうがいいかな、と言われて迷っています。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。