乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳がん診断後の治療について   [管理番号:4667]
その時の医師は、年齢の事を考えると良性で線維腺腫の可能性が強いが、悪性の乳がんの可能性もあるとの説明。

念のため細胞診検査を行い、次の診察で悪性の疑いがあるとの診断で針生検を行い非浸潤癌の診断。

その間の医師の説明が、曖昧でわかりにくいという印象でした。

PETとMRI検査を受け、非浸潤癌だか、一部浸潤しているかもしれない、大きさは7cm程あるとの説明。
今の所は転移なし。
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。