乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

余命一年と言われました   [管理番号:4633]
今年1月に受けた血液検査ではマーカーが5だったのに、
4月に入って受けた血液検査がマーカー124となりCTの結果肝臓に転移が見つかりました。
脳mriとpet検査を来週予定しています。

医師からはこんなに早く転移するケースは稀で、抗がん剤もホルモン剤も効かなかったということになるので、再発治療(抗がん剤)を行っても効かない可能性が高く、余命は1年くらいかもしれないと言われました。

本当にもう可能性は低いのでしょうか?何か良い方法はないでしょうか?
先生なら今後どのような治療(薬剤名も教えて頂きたいです)を行うとおもいますか?
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗ガン剤の必要性について   [管理番号:4601]
皮下乳腺全摘のオペをしました。

結果が病理検査の結果を一部教えていただきました。

腫瘍2.5×2.5
グレード2
Ki67. 20%
ホルモン受容体 ER 90%. Prg80%
リンパ節転移 2mm以下の微小転移2個
リンパ節廓清済み

今後の治療法として抗ガン剤の使用を勧められています。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

〇新題で公開 ハーセプチンの副作用について   [管理番号:4632] *[管理番号:2044] ステージ3Bです
ハーセプチンの副作用について質問させてください。

ハーセプチン単独での副作用はめったに無い、とのことでした。

もし副作用が有るとしたら、どんな症状が出ますか?

ドセ中から息苦しさは有りましたが、ドセの副作用と思っていました。

胸水貯留で3か月休薬したのですが、その間楽になっていた苦しさが単独で再開したら増してきました。
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

〇新題で公開 HER2陽性の手術不能乳癌の化学療法   [管理番号:4631] *[管理番号:4456] 母の病状について
病理結果(針生検にて)硬がん 右側 転移なし(リンパはセンチネルをやっていないので不明)
ER(0,0%),PGR(0,0%),HER2(3+),MIB-1 labeling index 40 % Grade2
で、癌が10センチを越え、手術不能状態のため術前化学療法となっております。

先生に抗がん剤について「ハーセプチン+パージェタがベストである」とご教示いただいて、担当医にもCEF療法よりもハーセプチン優先でと意見したのですが結局通らず、
CEF1回目投与から7日後、好中球減少症を発症し緊急入院しています。
<女性:68歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。