乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳癌術後の抗がん剤について   [管理番号:4570]
腫瘍サイズが2.3×2.1×1.7cm、リンパ節への転移はなし、他臓器への転移なしで臨床病期ステージⅡといった形で
3月(中旬)日に部分切除の手術をいたしました。

最終的な病理結果はまだ出ておりませんが、ER:0% Pgr:0% HER-2:0 Ki67:10-30% 腫瘍径2cm
リンパ節転移なしとのことです。

主治医の先生は、微小転移の克服のために抗がん剤の治療を進めてきますが、
私としては、抗癌剤の必要性を感じることができず、可能であれば抗癌剤を使用しない方向で考えております。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

全身療法について   [管理番号:4526]
教えていただきたいのですが、 この先もし乳がんであったとして 術後の全身療法は必ずついてくるものでしょうか?。

私には5歳と2歳の娘がいるのですが、二人とも妊娠中 重度の悪阻で長期入院をしました。
悪阻が落ち着いてからは切迫早産で薬を服用、その後 薬だけでは難しく 出産まで長期入院し点滴治療を受けたのち 二人とも帝王切開をしております。
正直、赤ちゃんに会えるという一
心で耐えれましたが 思い出すだけでどの場面も苦しく今でも震えそうになります。
たぶん、薬の副作用も出やすく 精神的にも過剰に反応してしまうのだと思います。
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の定期検査に関して   [管理番号:4569]
定期検査に関しての質問です。

1.まだ手術後8か月と術部は硬いです。

この状態でエコー等にてガンの再発、あるいは取り残し等は確認できるのでしょうか?

2.その他の問い合わせを読ませて頂き、温存での再発率は10年で5%前後と記載ありましたが、その認識でよろしいでしょうか?

3.非浸潤ガンは術後5年以降後の局部再発を、とのことでしたが、こちらは乳がんの進行が遅いので、5年以降に注意との事でしょうか?
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後補助療法(抗がん剤)について   [管理番号:4568]
右乳癌(pT1cN2aM0 pStage ⅢA)
浸潤癌
浸潤径 15+14mm
核異型度 2
脈管侵襲 +
リンパ節転移 +(8/27)
断端陰性
ホルモン陽性
HER2陰性

術後治療でAC4クール、ドセタキセル4クール後ホルモン療法5~10年、放射線治療を提案されました。

ki67とサブタイプは不明です。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。