乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

反対側にもしこりが・・・   [管理番号:4516]
私の、3年前と反対側の胸へのしこりは、転移や再発ではないのでしょうか?

1年前のマンモには、
こんなしこりはありませんでした。

1年でこんなに大きくなるものなのでしょうか。

ホルモン療法をしていても、
癌ができるということは、あるんでしょうか。

左の乳がんとは、全く無関係なのでしょうか。

私は抗がん剤はしておらず、そのために今回の癌ができてしまったとしても
それは後悔していません。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

針生検時、CNB / VABの選択基準、使う針の太さの選択基準とは   [管理番号:4546]
超音波検査でクラス4の所見が出て、半年ほどの間に、左右あわせて3回の針生検を受けました。

(左右とも、しこりが小さすぎて、手で触ってもわかりません)

最初は左右ともCNBで細い針(たぶん14G? 診療点数 1,011点)を使用。

先にやった「右」は鑑別困難(異型増殖。要経過観察)、
5か月後にやった「左」はDCISという結果が出ました。

「左」で悪性が出たので、再度「右」をCNBの太い針(11G? 診療点数 6,231点)で生検。

相変わらず、鑑別困難(小葉新生物、ALHの疑い/LCISを必ずしも否定できず、要経過観察)という結果でした。
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

MRI造影結果後の細胞診について   [管理番号:4545]
以下の所見を頂きました。

「左乳腺C領域の深部に6ミリ大のリング状の染まりを認めます。
漸増型の染まりであり、中心部の造影不良域を繊維性隔壁とすると線維腺腫かもしれませんが、T2W1では強い高信号は呈していません。
いずれにしてもサイズが小さく質的診断は困難です。
経過を見てください。
その他両側乳腺
他両側乳腺に明らかな腫瘤や腫瘍を示唆する濃染は認めません。
有意サイズのリンパ節腫大は認めません。
診断名 左乳腺C領域に小腫瘤を認めます」

そこで、形的には良性と思うけど染色したとのことで細胞診をやりましょうということになりました。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

センチネルリンパ節生   [管理番号:4544]
3月上旬にエコーでしこりが
見つかり1センチ程度で細胞針検査をしました。
悪性ということで、MRI 検査をしました。
リンパ節に転移の疑いがあるとのことです。

その後ペット検査をして、今、手術待ちです。

不確かな知識のもと、センチネル生検をしてもらえるのか聞いたところ、するけど手術中には検査結果はわからないということでした。
他に検査を出すようです。

後でリンパに転移があった場合はどうするのでしょうか?
ペット検査結果はまだ聞いてません。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術後の治療方針について   [管理番号:4543]
両側浸潤性小葉ガンで、一ヶ月位前に両方全摘手術をして、右リンパ郭清、同時再建でシリコンも入れました。

細胞が小さいため、細胞診でもPETでもリンパや胸もガン細胞は確認する事が出来ず、生検で両方見つかりました。
担当医には左はリンパに転移していないから無視して、右はリンパ転移の数が多く全身にガン細胞がまわっている可能性が高いと言われて、抗がん剤AC療法+タキソテールの後、放射線とホルモン治療ノルバデックス10年と言われました。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。