乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

トリプルネガティブの抗がん剤治療について   [管理番号:4537]
質問1 術後の抗がん剤投与が最大で12週間後となるのですがこんなに遅くて大丈夫でしょうか?

質問2 抗がん剤はFEC4回のみとの事ですが、先生でしたらどんな選択をされますか?

質問3 自分で調べた抗がん剤治療を
6クール以上した人を対象にBRAC変異陽性の乳がんのためのPRAP阻害剤の治験があり、受けてみたいと思ったのですがそのために抗がん剤治療を増やすのは本末転倒でしょうか?
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

病理結果について   [管理番号:3860]
7月末に右乳房右内下部に微細分葉状腫瘤と診断されガンセンターにて
温存でリンパ節かく清手術を受けました。
病理の結果は浸潤性乳管が
ん、リンパ節摘出20個のうち転移は
2ミリ以上1個、浸潤径1.5×1.4、
範囲3.8×3.3、核異型度2、組織異型度2、リンパ管、脈管侵襲はなし、ki16.6%、ホルモン感受性ありHER2なし、断端陽性、断端成分は非浸潤で日帰り手術予定です、
治療はアナストロゾール5年間と放射線です。
ルミナールの事は言われませんでした。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がん術後の治療について   [管理番号:4536]
《温存術後の病理結果》
右乳がん、浸潤性乳菅がん、硬がん
pT1c(1.2cm)
乳腺組織g(+)
脂肪組織f(+)
皮膚組織s(-)
リンパ菅侵襲ly(-)
血管侵襲v(-)
センチネルリンパ節(0/3)
核グレードNg3(Na3+Mc2)
断端(-)
ホルモン受容体(ER95%、PgR95%)
HER2(0)
Ki67(30%)
ルミナールB

今後の治療として核グレード3とKi67が30%でグレーゾーンなことから化学療法の抗がん剤治療半年→その後ホルモン治療5年~10年+放射線治療と言われました。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

反対側にもしこりが・・・   [管理番号:4516]
私の、3年前と反対側の胸へのしこりは、転移や再発ではないのでしょうか?

1年前のマンモには、
こんなしこりはありませんでした。

1年でこんなに大きくなるものなのでしょうか。

ホルモン療法をしていても、
癌ができるということは、あるんでしょうか。

左の乳がんとは、全く無関係なのでしょうか。

私は抗がん剤はしておらず、そのために今回の癌ができてしまったとしても
それは後悔していません。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

3ヶ月でできた乳がん   [管理番号:2774]
1番疑問であり不安なのが、なぜ、こんなに短期間で大きなしこりができたかについてです。
例を見ない悪性なのではとの思いばかりめぐります。
乳腺外科では、こういう方もいる、という説明でした。
先生で何かおわかりになる点がありましたらぜひ教えて頂きたいと思い、
問い合わせさせて頂きました。
検診もして、3ヶ月前に乳腺外科を受診し、このようなことに
なりショックが大きく、まだ、乳がんであることを
受け入れられずにいます。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。