乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

根治が難しいと言われた乳がん治療の方針について   [管理番号:2634]
当方は両方乳がん、左はステージⅢb、T4の局所進行がんと診断され、現在化学療法(FEC)の2クール目です。
(右はステージⅡb、左からの転移ではありません)

担当医からは根治の可能性は1%と言われ、それならばいっそ緩和のみとも考えたのですが、セカンドオピニオンのアドバイスで、局所(左乳がん)をしっかりコントロールしないと、化学療法による副作用以上にQOLが著しく低下すると言われ、治療をスタートしました。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

質問   [管理番号:4183]
①分泌物はモンマトームの影響なのか。

②この状態で全摘ではなく、温存で問題ないのか。

③術前に乳頭についての検査を追加する必要はないのか。

③浸潤?している場合、最適な治療法の順序(手術、放射線、薬物療法)はどうなるか。

(現状、温存手術→放射線→薬物療法を予定。)
④手術は急いだ方がいいのか。

について先生のご見解を賜りたく思います。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

どうしたらよいかわかりません…教えてください。   [管理番号:4413]
医者からは抗がん剤及びホルモン療法のフルコースを勧められており
先生のサイトを拝見する限りでは
私には抗がん剤はいらないのではないかと思いました。

患者にも学びが無いと医者の言うとおりになりましてや抗ガン剤が必要ないタイプなら
やらない方が、体には良いと思い先生にすがろうとサイトに質問しました。

私にはこの先どんな治療法が適切ですか?
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ハーセプチンによる治療の治療方針について   [管理番号:4455]
先月、再度ハーセプチンを再開したところ、また心機能低下と心拡大があるとのことでした。
他に手のしびれや足の関節や筋肉の痛みと筋力低下、むくみ(全身)、こむら返りなどが出るそうです。

ハーセプチンはガイドラインで回数が決められており最後までするべきか悩みながら休み休み続けてきましたが11回終了後の今、ここで治療を断念しようかと検討しています。
主治医も「PETで今のところ転移もないし、ガイドライン上は回数が決まってるが、手術前の化学療法でもがんは小さくなっていたから、定期的に検診しながら様子を見るのでおそらく大丈夫だとおもう」と説明されているそうです。
<女性:70歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。