乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

 

マンモトーム生検ができない   [管理番号:4426]
健診で左胸にがんが疑われる石灰化が見つかりました。

都内の病院を受診したところ、通常だとマンモグラフィー下でのマンモトーム生検をするが、
石灰化が淡く、また位置(左上領域の中央寄り)の問題もあり、
採れないと言われました。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

診察内容に関して   [管理番号:4425]
右乳房にしこりを自覚し、乳腺専門の個人病院を受診しました。
そこで、マンモと超音波、触診診察をしたところ、右縦0.44cm横0.66cmのしこり左縦0.47cm横0.80cmのしこりが見つかり、先生は、両側乳房の乳腺線維腺腫疑いと診断して、半年間の経過観察としました。
私の叔母は乳癌経験者であるにもかかわらずです。
この診断は一般的なものなのでしょうか?先生の場合はどうされますか?
しこりもあるにもかかわらず、経過観察6カ月は長すぎだと思うのですが、いかがでしょうか。
<女性:28歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

CT検査について   [管理番号:4424]
クリニックの先生から「浸潤性小葉癌は普通の乳管の乳がんと違い、卵巣に転移する可能性がある」と言われたことが気になり、そのことをCT検査を受ける大きな病院に電話で伝えたところ、通常通りCTを胸部のみの撮影で予定していたが、撮影範囲を腹部まで延長しておくと言われました。

万一、卵巣に転移しているのに気付かず、手術をすると高齢の母にとって心身ともに大きな負担になってしまうことを心配し問い合わせたのですが、今度はCTの被ばくによる影響が気になりだしました。
胸部と腹部のCTを合わせて行うことは問題ないでしょうか。
<女性:74歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗癌剤による間質性肺炎   [管理番号:4423]
ただ今間質性肺炎で入院中です。
ステロイド剤で治療中です。

昨年9月に右乳房温存手術、リンパ節1転移あり kt67も45と高かったので 術後補助療法で抗癌剤TC4クール 4クールが終わったところで肺炎が発症してしまいました。

質問ですが、放射線治療もまだ始まっていません。
放射線治療もできないのてしょうか。

今後もし再発した場合は抗癌剤治療は出来ないのでしょうか
ステージは2Aとのことです。
<女性:62歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳管内乳頭腫?DCIS?Ki67の意味   [管理番号:4009]
病理組織診断は乳管内乳頭腫、DCISの疑いということでした。

病理医からは摘出生検の指示がなされていました。

担当医は、去年から1年間形が変化していないので、切除生検はまだせず4か月後に再度超音波検査を実施する方針が示されました。

すぐに摘出生検せず4か月経過を見ていて大丈夫でしょうか?
<女性:61歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術前と術後病理検査の違い   [管理番号:4410]
12月にステージ1温存だったのに
術前にはステージ2全摘と言われ
術後になってステージ3b悪性度が高いと告げられました
この変わりようも普通でしょうか?

来週から抗がん剤、放射線、ホルモン治療と提案されていますが
今までの色々な不信感がつのり(すべての担当が違う大学病院で執刀医は
手術当日に初めて会い、あまりに若い女医でした)これから再発などの検査でも見逃されてしまうのではと不安になり
今さらですが転院も考えています。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。