乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術前と術後病理検査の違い   [管理番号:4410]
12月にステージ1温存だったのに
術前にはステージ2全摘と言われ
術後になってステージ3b悪性度が高いと告げられました
この変わりようも普通でしょうか?

来週から抗がん剤、放射線、ホルモン治療と提案されていますが
今までの色々な不信感がつのり(すべての担当が違う大学病院で執刀医は
手術当日に初めて会い、あまりに若い女医でした)これから再発などの検査でも見逃されてしまうのではと不安になり
今さらですが転院も考えています。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

石灰化が増えて細胞診結果待ちです。   [管理番号:562]
その石灰化は2ミリほどの範囲にたぶん5、6粒ぐらい集まっていたと思います。そこの細胞をとって検査すればはっきりするけど、2ミリしかないのでとってしまうとどこに石灰化があったかわからなくなるので、金属を埋めることになると言われました。その先生は半年後にまた再検査で良いのではないかとおっしゃったのですが、先生ならどう判断しますか?<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術後の治療について   [管理番号:4299]
2、3週間後から下記術後治療を勧められております。

化学療法(4ヶ月間)→放射線療法(5週間)→ホルモン療法(まず5年間)

私と妻は、昨年まで乳がんの知識は全くありませんでしたが、
田澤先生のQAを毎日拝見し、勉強させていただきました。

そうして私と妻はこの病気には、局所療法(手術と放射線療法)その後、全身療法(LuminalA型なのでホルモン療法)で治療と考えました。

リンパ節転移が1~3個と4個以上で化学療法の適用が違うようですが、
ぜひ、田澤先生の治療方針と理由を教えていただければと思います。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

転移・再発の心配   [管理番号:1081]
抗がん剤をする前のPET検査では脇から鎖骨にかけてリンパ転移が数えきれない位、ブドウの房のようにありました。FAC4回後のエコー検査ではリンパ転移が画像上消えてなくなり、乳房のしこりもとても小さくなり嬉しく思っていましたが、ドセタキセルで乳房のしこりが少し大きくなってしまったようです。<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。