乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

浸潤性乳管癌部分切除後の病理結果と治療について   [管理番号:4373]
主治医の先生からは、
①抗がん剤をやるのであればEC4回に放射線、タモキシフェン10年
②抗がん剤やらないのであれば放射線、タモキシフェン10年にゾラデックス等を5年

先生はからは検査するか抗がん剤をやったほうがいいといわれています一応、1週間で回答をすることになっており、どうしたらよいものか答えがと出せずにとても悩んでいます。

抗がん剤にもたくさんの種類があるようで、副作用の少ないTCもあるようですが、主治医の先生からはECと言われています。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。