乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

妊娠中の乳汁分泌?   [管理番号:4387]
①乳癌の症状で乳汁分泌があるそうですが、乳癌の可能性はありますか??
②妊娠の影響によるものだと解釈して放っておいても良いでしょうか??
③毎年、乳癌検診で異常はないと言われており、最近では去年の8月に検診を受けています。
この乳汁?の件で新たに乳腺外科を受診すべきでしょうか?
④乳頭分泌ではマンモやエコーだけではなく、乳管造影をした方が良いと聞いたことがあります。
私の場合は必要ですか?
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳癌と診断されました   [管理番号:4201]
今の病院では2月頭に手術となっています。

昨日乳房内の広がりみるMRIをやりましたが、他の腫瘍どころか、今ある腫瘍もわからない感じでした。

今の担当の先生は質問しやすいですが、初期なんですか?って質問したら、だと思います。
そう信じましょう。
と曖昧で、、

脇に近いので小さくてもリンパ節に転移してるのではないか?左肩もよく凝って痛いし、左手もしびれた感じもするし。。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性乳ガン   [管理番号:4391]
説明では、殆どが乳管にとどまっているが、浸潤性増殖小領域が散在性にみられるとの事でした。

かなり悪性で進行も早いのでと説明を受け、もうどうしたら良いのか毎日胸が苦しくなり
ます、手術は3月中旬の予定です、抗がん剤を先にするか、手術を先にするか選んでくださいと言われましたが、何もわからずまさかまさかこんな事になるとは思っていなく、当初の予定通り手術を先にお願いしましたが、これで良いのか正直わかりません。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

粘液性ガン   [管理番号:4339]
<病理結果>
浸潤性の粘液性ガン(純型) PMBC-Aか-Bなのかは不明。

大きさ38mm(粘液性のエリアとして)
ER陽性(100)、PgR陽性(100)、HER2陰性 で ルミナールA
Ki67 2%(低)
脈管侵襲なし
断端陰性(断端5mm以内に粘液性ガン認められるが,その部分は乳管内
に留まっている状況より陰性と判断された。)

<今後の治療方針>
放射線療法(5週間)およびホルモン療法(5年間)
・放射線は腋窩リンパ節にも照射予定
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。