乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

抗がん剤中止について   [管理番号:4353]
昨年7月に右乳房温存手術(22mm1個、リンパ節から15mm1個を摘出、郭清なし)を受け、術後病理診断は、トリプルネガティブ、ステージ2b,グレード3、ki67は70%でした。

治療は抗がん剤投与後放射線治療となり、8月からEC療法を4クール行い、パクリタキセル(ウィークリー)9回が終わり、10回目をしようとしたところ、骨髄抑制により白血球1400と治療中最低となり、放射線治療が控えていることもあり、抗がん剤終了を提案されました。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療方針について   [管理番号:4352]
昨年末、乳頭腺管癌が見つかり、今年初旬に右乳房温存手術を行いました。

術後の治療に関して、化学療法が必要か迷っています。

腫瘍径:1.5センチ
腋窩郭清:1個 大きめ
NG:1
LY:0
V:0
ER:+8
PGR:+8
HER2:陰性
切除断片:陰性
ki67:13%

放射線治療、ホルモン治療はうけるつもりですが、医師から抗がん剤も
視野に入れてもいいかも、と言われ悩んでいます。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

多発?しているのう胞と腫瘤の検査について   [管理番号:4351]
ここ3年程毎年同じ病院(乳腺外科のある病院です)で乳がん検診を受け、「のう胞」が複数あると表記され、
1年目は「経過観察」
2年目は「再検査→経過観察」となっていたのですが、
昨年11月に受けた3年目の健診で「のう胞」の他に「腫瘤」が併記されるようになり、初めて「要精密検査」、となりました。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ハーセプチンとホルモン治療   [管理番号:4350]
非浸潤ガンと診断され、 1月(中旬)日に温存療法 で手術をしました。
術後の結果、リンパ節に転移
有り(2個) 浸潤ガンに変わりました。

腫瘍の大きさは2センチ以下でした。

この前、担当医から、病理結果よりハーセプチン+ホルモン治療+放射線治療の治療ですといわれ、その日にハーセプチンとホルモン注射が急に始まりました。
抗がん剤治療はなくても大丈夫なのでしょうか?
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療方針について   [管理番号:2721]
この度、右乳房の乳がんを宣告され、2月下旬に温存手術を終え治療方針が出たところです。
ホルモン療法を10日程前から行なっています。
主治医はリンパ管侵襲が高度なため、まず放射線を行った後、化学療法を行う予定であるとの説明がありました。
化学療法は「アンスラサイクリン+タキサン」で勧められています。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

石灰化としこりについて   [管理番号:4322]
先生は何をもって判断したのか分からないのですが、癌だと言われました。

ただ、まだ小さすぎるため、生検など出来ないので、半年後に再度受診をして、その後の方針を決めましょうと言われました。

先生は深刻になりすぎないでも大丈夫だと言われましたが、もし本当に癌であるのならば、このまま半年待っててよいものでしょうか?
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。