乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

石灰化としこりについて   [管理番号:4322]
先生は何をもって判断したのか分からないのですが、癌だと言われました。

ただ、まだ小さすぎるため、生検など出来ないので、半年後に再度受診をして、その後の方針を決めましょうと言われました。

先生は深刻になりすぎないでも大丈夫だと言われましたが、もし本当に癌であるのならば、このまま半年待っててよいものでしょうか?
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

細胞診結果待ち   [管理番号:4321]
授乳中です。検診に行き1センチのしこりが見つかりました。

超音波でみてもらい細胞診しました。

主治医の方は恐らく良性だろうと数回おっしゃられ
エコー写真を見て説明してもらい、境界線線もはっきり映ってるし形をみても疑うものはないだろとの事でした。

癌の可能性は低いのでしょうか。
<女性:28歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

授乳中のしこり   [管理番号:4320]
4日ほど前に、左胸の乳首より内側に、小豆より少し小さい程度のしこりを見つけました。触っても痛みはなく、ツルツルしており、皮膚にも胸の基底面にも張り付いた感じはなく良く動きます。

痛みがないことが心配になり、病院を受診し、エコー検査のみ行いました。

その結果、特に心配なものは映ってない、この小さく白く映ってるところに母乳が溜まってる、と言われました。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

マンモトーム生検の難しい場所の石灰化について   [管理番号:4319]
左は前回と大きく変化したわけではないけど、(少し多くなってきた?とおっしゃったような気がします)カテゴリー3と言われました。
今回のマンモグラフィーの結果だけ見ると怪しいけど、経過を見てきているのでたぶん大丈夫だろうとのことでした。
(悪性の場合、もっと急激に増えるだろうとおっしゃっていました)それに、乳首から最低2センチ離れていないと針を刺すマンモトーム検査ができないのだけど、1センチちょっとしか離れていないので経過観察するしか仕方がないとおっしゃっていました。
<女性:42歳>⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がんホルモン療法について   [管理番号:4318]
先月右乳房部分切除術を受けました。診断としては
直径6.5ミリから7ミリひとつ。

浸潤性乳管がん、ホルモン感受性あり。

ハーツー蛋白過剰発現なし。

ki-67 10パーセント
センチネルリンパ節生検を行いリンパにも転移なし。

切除断端は陰性で取りきれています。

ホルモン療法としてノルバデックスを2週間ほど服用しましたが副作用があり胃がムカムカして食欲がなくなったのと気分が落ち込みが激しいです。
軽く鬱っぽくなってる気がします。
今は主治医に相談して休薬中なのですが回復したら減薬して再開する予定です。
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ   [管理番号:647]
どう転がってもトリプルネガティブは再発転移しやすい予後というのは避けられないものでしょうか…
8月(上旬)日からTC×4回行い、その後は経過観察を。との主治医のお話でしたが、
母は、今は副作用の不安がいっぱいいっぱいで、寝込んでしまいました。
田澤先生、抗がん剤後は、やはりもう無治療しかないのでしょうか?
トリプルネガティブは定期観察していくしかないのでしょうか?<女性:65歳>⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

粘液がん   [管理番号:4317]
68歳の母が乳がんと診断されました。健診で右胸にしこりが見つかり、再検査。
マンモとエコーで調べたところ、2個のしこりが見つかりました。
悪性には見えないが念のためにと細胞診をしましたが、結果はclassⅤ悪性。

大きさは2個とも1cm程度で早期での発見だと言われました。

その日のうちに麻酔をしての針生検を行いました。
1週間後の結果で、粘液がんと診断されました。
それ以外の詳しい結果はまだ出てません。
<女性:68歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。