乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

粘液癌と診断されました。   [管理番号:4275]
自己検診にてしこりを見つけて近くの乳腺クリニックで受診、超音波検査の結果、両胸ともに1cm以下のしこりが3-4個点在していました。
最も大きい箇所の細胞針の結果、がんの疑いとなり、更に針生検を行った結果、粘液癌と診断されました。

その病理組織所見に書かれたことを記載いたします。
「粘液塊と乳腺組織があり、間質の硝子化を伴う粘液湖多数形成され、粘液内に腫瘍性細胞が小胞巣や小乳頭状に存在しています。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の病理検査   [管理番号:4316]
もしリンパ節に1個でも転移が残っていたら鎖骨とかルートのリンパ節にも放射線やった方がいいが、もしなければ乳房だけでいいかもしれないとの事でした。
先生からはおそらく乳房だけの放射線治療の可能性がそこそこ高いと言っていただきました。
このような状況ですが、主治医からは特に具体的にccrとは言われていませんがccr と考えてもよろしいのでしょうか?
また通常の腋窩リンパ節のレベル1 はエコーで確認できるのでしょうか?
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

マンモにうつり、エコーにうつらないもの   [管理番号:4315]
先日、マンモ2方向とエコーを撮りました。
その中で縦にとったマンモに、素人目ですが、真っ白い小さい丸が写っていました。
横にはさんだマンモには何も写りませんでした。
先生がエコーで詳しく見てくれたのですが、何もなく、皮膚が重なったのか、髪の毛か、何かだろうということでした。
そんなことってあるんでしょうか?レントゲンを撮った方が、ホクロではないと言っていました。
エコーにまったく何もないということで安心していいのでしょうか?
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

確定診断について   [管理番号:4314]
1月(下旬)日に左胸にしこりを見つけました。
発熱、痛みなどなし。
(下旬)日に外科にてエコー、マンモグラフィーの結果、形がぼこぼことしたしこりがうつっており、癌の可能性があるとのことで、三日後に針生検をすることになりました。
針生検の日、エコーを再度したところ、しこりが液状化してる、膿瘍かな?とのことで、針生検ではなく、注射器で吸いとったところ、膿が出てきました。
結局針生検はせず
その日から抗生物質を飲み始めました。
膿を検査に出したところ、ブドウ球菌ということで、このまま抗生物質を飲んで4日間分処方。
3か月後受診となりました。
しかし、病名はまだ確定診断できないとのこと …

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。