乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

抗ガン剤の選択   [管理番号:3975]
病理結果が出たのですが、先生から「抗ガン剤やるかやらないか、私の意見は五分五分なので、ご自身で決めて下さい」
と言われました。

・浸潤性小葉癌
・腫瘍の大きさ:浸潤部=100×45×110㎜
・浸潤の範囲:g,f,s

・ER:+(100%)
・PR:+(100%)
・HER2:スコア0
・Ki-67 LI:5-10% approx
・センチネルリンパ節:Rt.pN0(sn)(0/2)
・所見:Rt.SLN1(-)
・Rt.SLN2:(-)
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

細胞診の結果の意味を教えて下さい。   [管理番号:4285]
細胞所見には、懐死背景に、核腫大した乳管上皮細胞が散在性、大~小の不規則重積集塊で出現しています。
核の大小不同不整形、核小体腫大認め、集塊での二相性不明です。
malignantでductal ca.を考えます。

診断医師のコメントで、血性壊死性背景に核腫大異型上皮細胞の大小不同不整形重積性集塊。
バラけほつれ傾向あります。
二相性確認できません。
乳管内乳頭腫よりも出血壊死伴った乳管内での乳管癌(DCIS)と考えます。
とありました。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

腋窩リンパ3個以下の放射線治療について   [管理番号:4313]
①私のようなタイプの乳がんの場合は、リンパ転移1個でも放射線治療はした方がよいのでしょうか?

また放射線治療した方がよい場合、回数は何回がよいのでしょうか?

主治医はやるとしたら25回か30回と仰っていました。

②放射線治療したことによって、再発のリスクはどのくらい下がりますか?

③放射線治療をするとしたら広範囲と聞いているので副作用が心配です。

なるべく副作用が軽く済む方法を考えています。
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がん診断、骨転移   [管理番号:4312]
左乳 浸潤性乳がん
Grade2
ER(+90%),PgR(+40%),HER2(1+),Ki-67low(20%)
腫瘍径3.7cm

ルミナルAではないか。

マンモトーム生検ではリンパへの転移は見られなかったようです。

が、骨シンチの画像で左足の付け根の骨が溶けているようだと言われました。

明日、骨盤MRIで再度検査をする予定です。

そういえば、左足が何か痛いと感じていました。

骨の転移は考えられますか。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。