乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳輪のしこり   [管理番号:4306]
昨年12月末に出産をしたのですが、出産2日後に左胸乳輪内に(乳頭の右2センチの所)しこりがあるのに気付きました。

しこりは硬くコリコリしていて可動はしません。

数日後再び乳輪を触っていると最初に確認したしこりに加え、乳頭を囲むような半円形の筋状のしこりを確認しました。

強めにグリグリ触ってみると何となく最初に確認したしこりと繋がっているような感じで、
乳頭を中心に平仮名の『ひ』のような形をしたしこりが乳輪内にあります。
<女性>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の化学療法について   [管理番号:4305]
主治医からは、一般的な治療である、抗がん剤3か月、放射線療法(PMRT)5週間、ホルモン療法7年と言われました。

当初、粘液癌は、抗がん剤は効かないため術後はホルモン療法のみと聞いてましたが、上記のとおり、リンパ管侵襲、脈管侵襲があるため、抗がん剤投与をすすめられました。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

質問   [管理番号:4183]
①分泌物はモンマトームの影響なのか。

②この状態で全摘ではなく、温存で問題ないのか。

③術前に乳頭についての検査を追加する必要はないのか。

③浸潤?している場合、最適な治療法の順序(手術、放射線、薬物療法)はどうなるか。

(現状、温存手術→放射線→薬物療法を予定。)
④手術は急いだ方がいいのか。

について先生のご見解を賜りたく思います。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

オンコタイプDXの結果のについて   [管理番号:4304]
主治医は、核グレード3、腫瘍径3.1cm、PR(-)、オンコタイプDXの結果が高リスクに近いということから、やはり化学療法をした方がよいと思うとのことです。

私は中間リスクで5~6%の上乗せしかないのであれば、ホルモン療法のみで、これまでの生活を見直し、食事に気をつけたり上手にストレス解消することで(化学療法はしないで)乗り越えたいと思っています。
<女性:63歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ(ステージ3b)の術後抗がん剤と、肉芽腫性乳腺炎について。   [管理番号:4303]
母(73歳)と、娘の私(44歳)について質問させてください。

■母について
昨年9月半ばに左胸の全摘手術をしました。

術後の病理検査の結果は
以下の通りです。

ステージ3b
トリプルネガティブ
T4b、N2(レベル1に2
個、レベル2に2個)
硬癌
腫瘍径:3cm
核グレード3
Ki67:90%
リンパ管および血管侵襲あり
<女性:73歳、女性44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブの治療について   [管理番号:4048]
私としては、抗がん剤を強く希望しています。

ネットで見る限りでは、トリプルネガティブの早期がんでも、抗がん剤をしていない例は見つけられません。

左乳がんが見つかった時、右にも触診で1cmくらいのしこりがみつかりました。
右は石灰化なし、エコーにも造影CTにもうつらなかったようです。
右は生検もしていません。

もしかして、今後 右のしこりが大きくなって、生検して、悪性だった場合手術をしたあと、抗がん剤を使用する為に今はしないという方法はありますか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。