乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

精密検査待ちの不安   [管理番号:4049]
今年の10月に健康診断でエコーを受けましたが、
先日:乳房・要精密検査・右側CE低エコーの疑い・9,1×6,4×6,2ミリ。
左側所見なしの封書が来て
すぐに乳腺外科に行き、マンモを取り、
「結果は2週間かかります。次のの受診の時にエコーを撮ってから、それから先生の診断になります」
と言われましたが、毎日食事も喉を通らない状態です。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤中の風邪薬の影響   [管理番号:3971]
6月に左胸全摘し、AC 4回終了、現在Weekly×12回の2回目を終えたところです。

2週間ほど前に子供よりインフルエンザを移され、市販の風邪薬を毎日飲んで(微熱と咳が続いていたため)いたのですが、昨日の検診で肝臓値が以上に高いと言われてしまいました。

ただ毎日といっても量は少なめにしていたつもりです。

現在治療は休んでいるところですが、先生曰く可能性は二つ。

1.薬の影響
2.肝臓に癌が転移
とのことでした。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブの治療について   [管理番号:4048]
私としては、抗がん剤を強く希望しています。

ネットで見る限りでは、トリプルネガティブの早期がんでも、抗がん剤をしていない例は見つけられません。

左乳がんが見つかった時、右にも触診で1cmくらいのしこりがみつかりました。
右は石灰化なし、エコーにも造影CTにもうつらなかったようです。
右は生検もしていません。

もしかして、今後 右のしこりが大きくなって、生検して、悪性だった場合手術をしたあと、抗がん剤を使用する為に今はしないという方法はありますか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤治療について   [管理番号:4016]
質問事項
①私のタイプはルミナールAでホルモン療法が主だと思いますが、リンパ節転移ありの為 抗がん剤を先生から薦められています。
必要でしょうか。

②手術では取らなかったリンパ節転移部は再手術して取る必要な無いのでしょうか(放射線治療で大丈夫ですか)
③オンコタイプDX検査を受けるべきですか。

術前と術後の結果がかなり違い混乱しております。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤するかしないか   [管理番号:4047]
右全摘をし再建予定です。

センチネルリンパ節生検では転移はありませんでした。

結果、MIBの数値が高いことや、しこりの大きさなどで抗がん剤を進められ
するかしないかを選択するように言われました。

少しでも予後のリスクを減らしたほうが後悔がないのでは?と言われましたが
とても悩んでます。
必要だと思いますか?予後はかわりますか?

「リンパ管侵襲、静脈侵襲の浸潤あり」という診断も気になります。
これはどこかに転移してる、する可能性があると受け取ってしまうのですが。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

再発遠隔転移 今後の薬の選択   [管理番号:4046]
遠隔転移再発4年目で46歳です。

ゼローダの効果もこれまでとのことで、そろそろまた薬の変更が必要と言われました。
選択肢として、アロマシン+アフィニトール、点滴抗がん剤(ハラヴェン、アブラキサン、アバスチン他いろいろ)を提示されました。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

線維腺腫について   [管理番号:3993]
先生に質問だったのですが、
1.病院の先生の話ですと(乳腺専門の先生です)、きれいな楕円形(エコーでみましたがきれいな楕円形でした)で5mm以下なので線維腺腫で間違いないと思うとのことでした。
大きくなるようであればまた来てくださいとのことでしたが、細胞診などしなくても大丈夫なのでしょうか??

2.線維腺腫は若い方にできると聞いていたのですが、年齢が39歳なのですが、この年齢でも線維腺腫はできるのでしょうか?
40歳以降だとちゃんと調べなくてはいけないという話を聞いていたので、1歳しか違わないので不安です。。。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。