乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

断端陽性について   [管理番号:3822]
断端陽性で40歳以下では、断端陰性の人よりも乳房内再発が2倍になるというのを読みました。
これは、断端陽性でその後放射線治療をしなかった場合ですか。
それとも、放射線をしても2倍ということでしょうか。
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳管内乳頭腫?DCIS?Ki67の意味   [管理番号:4009]
病理組織診断は乳管内乳頭腫、DCISの疑いということでした。

病理医からは摘出生検の指示がなされていました。

担当医は、去年から1年間形が変化していないので、切除生検はまだせず4か月後に再度超音波検査を実施する方針が示されました。

すぐに摘出生検せず4か月経過を見ていて大丈夫でしょうか?
<女性:61歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

HER2 ステージ4 肝臓転移 今後の治療について   [管理番号:3809]
53歳で、閉経しています。

今年4月に以下のような乳がん診断がなされました。

浸潤:あり
腫瘍径:50X43X20ミリ
エストロゲン受容体:陽性
プロゲステロン受容体:陰性
HER2:2+/fish:陽性
Ki67:40%
リンパ転移:あり
遠隔転移:肝臓(右半分)
サブタイプ:ルミナールB+HER2
ステージ4

治療として、ハーセプチン、パージェタ、ドセタキセルを7回投与したところです。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤をやるかやらないか…   [管理番号:3990]
左乳房の全摘手術をしました。

術前の診察で、乳房内に2か所の小葉癌があるとのことで、温存ではなく全摘にしました。

術後の病理結果で、
ステージ1の浸潤性小葉癌(多発性)と言われています。

ホルモン受容体が陽性の為、これから10年間のホルモン治療をすることは決まっているのですが、先日それに加えて、抗がん剤を3か月やるか、ご自身で選択をしてほしいと言われ悩んでいます。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

再発乳癌術後の抗癌剤治療について   [管理番号:4008]
2003年に浸潤性小葉癌 8mm 右乳房温存手術、放射線、ホルモン療法(ゾラデックス)
2015年右乳房再発のため全摘出手術
ER:ほぼ100%陽性 PR:約50%陽性、HER2:SCORE1
Ki67 30%が陽性 他の内臓に転移はなく、リンパ節転移もありません。
術後CMF療法を選択しました。

2016年浸潤性乳管癌の硬癌のため全摘出手術
異形度 グレード3 Ki67:25%
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。