乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

86才、治療法の選択   [管理番号:3989]
当初「悪いところは取りたいから手術」と話していた母でしたが 今になって手術するかどうか迷い始めました。

現在 母はアルツハイマー、高齢者水頭症、側わん症などが重なって歩行に支障がでています。

また 日常会話は出来ますが声を出しにくく 歌を歌うのはほとんど聞き取れない声になりますので、
胸の手術をした場合、なにかしらのリスクが高いのかと心配したりしております。

田澤先生のご回答を読ませていただくと高齢者であってもまずは外科手術をお勧めになっているようですが また別にki67が30%未満ならホルモン療法単独というコラムもお見かけました。
<女性:86歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

再発率について   [管理番号:3412]
右乳がんの温存手術をうけました。

8㎜のしこり、3㎜の浸潤でした。
ステージ1でルミナールA、現在アナストロゾール
服用中です。

病理の結果時に主治医から「ホルモン療法で7%から4%まで再発率を下げれます」と言われました。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ステージ2bにおける治療方法について   [管理番号:3988]
【アドバイスいただきたいこと】
医師からは「どうしますか?、家族/ご自分で判断してください」
との状況になっております。

(1)リンパ除去の再手術をしたほうが良いか
(2)抗がん剤 or ホルモン療法の選択
を踏まえて、どのような対応がよいのでしょうか?
<女性:73歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。