乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術前抗がん剤からの手術について   [管理番号:3972]
右浸潤性乳頭腺管癌 トリプルネガティブki-67 80%、リンパ節転移疑い
(エコーで脇~鎖骨まで数ヶ所あり)
術前抗がん剤のAC4回、パクリタキセル2回で、現在間質性肺炎の治療中です。

しこりは9月1.5cm、先日エコーでそれよりも小さく、リンパ節の影もほとんど見えなくなっていました。

主治医には、抗がん剤はもう使えないので中止し、手術を早める。
残った抗がん剤については、
術後するかしないか検討する、と言われました。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性小葉癌の術後補助療法について 「骨転移の可能性」   [管理番号:971]
今年の5月末に、72歳の母が右胸の浸潤性小葉癌の診断され、7月に右乳房全摘術を受けましたが、術後補助療法について悩んでいます。【病理結果】組織型:浸潤性小葉癌、浸潤径:6.2cm×2.5cm、波及度:f<女性:72歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤中の風邪薬の影響   [管理番号:3971]
6月に左胸全摘し、AC 4回終了、現在Weekly×12回の2回目を終えたところです。

2週間ほど前に子供よりインフルエンザを移され、市販の風邪薬を毎日飲んで(微熱と咳が続いていたため)いたのですが、昨日の検診で肝臓値が以上に高いと言われてしまいました。

ただ毎日といっても量は少なめにしていたつもりです。

現在治療は休んでいるところですが、先生曰く可能性は二つ。

1.薬の影響
2.肝臓に癌が転移
とのことでした。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

病院選択について   [管理番号:3770]
大阪で定評のあるのは○○先生の○○クリニックですが、こちらで1昨年、○○病院の紹介状をもって検査にいったところ、「もう少し様子をみましょう」と言われ、
針検診に至りませんでした。
そのとき調べていたらという思いもあります。

また、○○クリニック含め、○○センター、がんセンターなど手術例が多く
定評のある大きな病院だと手術待ちで時間がかかり、進行するのではという不安もあり、決めかねています。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療について   [管理番号:2990]
4月中旬に温存手術をしました
病理結果は
左乳腺 乳ガン病巣数1
切除術Bp+(SNB)8.4×6.0×3.5cm
占拠部位 左D領域
腫瘍径2.00×1.90×1.70
組織分類 invasive ductal
carcinoma.scirrhous carcinoma.
核異型スコア2核分裂スコア3
グレード3
リンパ転移なし
ハーツ陽性

術後治療にFEC→HER+DOC
と言われました
先生ならどうされますか?
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

針生検結果について   [管理番号:3970]
1. 結果にはKi67が出ていないのですが、「Mitotic Rate: 1 (分裂速度1-3のうち、一番遅い1)」と出ていて、ERとPRがそれぞれ100% positive、HER2がnegative(0)なので、これはルミナルAでしょうか?

2. リンパ管・血管侵襲はnot identified、確認されなかったと出ていますが、リンパ節転移の可能性はどのくらいでしょうか?
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

副乳癌について教えてください   [管理番号:2946]
副乳癌について教えてください。
副乳癌は皮下にできるとみて、皮下腫瘍と判別が難しいとどこかのサイトでみたのですが、
脇の下にしこりがあり、エコー検査で皮下のできものと言われ安心したのですが
これが副乳癌の可能性はあるのでしょうか?
専門医の先生なら見間違えることはないのでしょうか?
<女性:29歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。