乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

抗がん剤   [管理番号:3956]
2年前に右側のに乳房に癌がみつかりました。
手術は温存です
二人目妊娠希望のためホルモン治療は保留。

1年後12月に妊娠、 そして今年7月妊娠
34週の時左乳房に腫瘍確認。

4ヶ月に1度のペースでエコーをしていましたが、すでに腫瘍は2.6cmにまでなっていました。
その後、臨月に入り帝王切開にて出産し、翌月に温存手術をしました。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

田澤先生の診察と検査を希望します。   [管理番号:3543]
乳がんプラザを見ていても、その他の乳がんに関するパンフレットなどを見ても、
病理レポートをもらえないということは、通常ではないことと思いました。

エコーを担当医師がしたのは、結局悪性ではなかった右胸の針生検をしたときのみで、
それ以外には、初診時以降、左胸や脇のリンパのチェックもありません。

最近は、左側だけでなく、右側の脇にも痛みを感じて不安が増しています。

1クール目の抗がん剤治療が済んだ段階ではありますが、田澤先生のもとで診察、再検査等していただき、ご意見をいただけないでしょうか?
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

HER2 ステージ4 肝臓転移 今後の治療について   [管理番号:3809]
53歳で、閉経しています。

今年4月に以下のような乳がん診断がなされました。

浸潤:あり
腫瘍径:50X43X20ミリ
エストロゲン受容体:陽性
プロゲステロン受容体:陰性
HER2:2+/fish:陽性
Ki67:40%
リンパ転移:あり
遠隔転移:肝臓(右半分)
サブタイプ:ルミナールB+HER2
ステージ4

治療として、ハーセプチン、パージェタ、ドセタキセルを7回投与したところです。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

嚢胞?   [管理番号:3955]
自己検診については、
【今は触ってもわからないけど、悪いものであれば大きくなって触れるようになるかもしれないから、自己触診してみて】と言われました。

たしかに自分でその箇所をさわっても、なにもありません。

嚢胞であるのに、半年後に念のため検査をするのは私が心配をしているから、念のため、ということなのでしょうか?
それとも嚢胞かどうか判断が難しいからでしょうか?

嚢胞というのは、誰にでもあるものですか?

一年前にはなにもなく、今回見つかるのはよくないことですか?

半年後の検査で手遅れになるようなことはないでしょうか(涙)
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療について   [管理番号:2812]
左乳房全摘術しました。

病理結果は
T3(90㎜)
N3(18/20)
ステージ3C
硬癌。

ホルモンレセプター陽性、ハーセプテスト
陰性、ki67=44.4%
術前MRIにて胸椎転移疑いあります。

術後の治療予定は、
FEC100/
3w×4
ドセタキセル60/
3w×
タモキシフェン+卵巣機能抑制剤5年と放射線(胸壁+鎖骨上窩)25回です。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤の上乗せについて   [管理番号:3954]
二つの結節があり、いずれも硬癌の所見とのこと、二つには明らかな連続性は確認できないそうです。

1
腫瘍径1.7センチ
核グレード3
ホルモン受容体いずれも
陽性
HER2陰性
Ki67:30%
腫瘍切除断端陰性
リンパ管侵襲が軽度見られる、静脈侵襲なし
リンパ節転移0
2
腫瘍径1センチ
核グレード2
Ki67:40%
ホルモン受容体、HER2、
腫瘍切除断端、リンパ管侵襲、静脈侵襲の状況は、上記同様。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

リンパ浮腫   [管理番号:3953]
乳癌全摘、リンパかくせいしています。

エストロゲン(+)、プロゲステロン(-)ルミナールタイプですが、
リンパ節転移が多数あったため放射線、抗がん剤となりました。

AC2wに一回、のあと現在ドセタキセル3wごと3クール終わっております。

2クール目より術側にリンパ浮腫が出てきました。
他の部位の浮腫はがまんできるのですが、リンパ浮腫が今後
継続して残るのが大変不安です。
4回目のドセタキセルについて迷っております。
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。