乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳房温存手術、8年後のエコー検査   [管理番号:3911]
8年前にみぎ右側の温存手術をおこない、放射線治療もおこなっています。

半年ごとの定期検査の際、エコー検査で引っ掛かりました。
先生の判断は、8年前の手術の傷の変化か、放射線の傷かもしれない。
経過観察で半年後にもう一度診ましょうとのことです。

8年も前におこなった手術の影響が、今になってエコー検査に現れるような事があるのでしょうか?
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

温存手術後の治療について   [管理番号:3910]
1.化学療法は本当に必要か。(必要ならばもちろんきっちり受けるつもりです)
2.一番先に化学療法と言われましたが、今月に息子の結婚式で遠方まで行く、大きな仕事が今月に集中しているなどがあり、副作用を考えて放射線治療を先にするのは問題があるか。
3.放射線治療を先にするならば、化学療法までの間にホルモン治療と放射線治療を同時にするということになっているが問題はないか。
4.化学療法をしながらの仕事継続は可能か。
5.和太鼓プレイヤーであるが、いつごろからプレイできるか。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

リンパ転移多数   [管理番号:2693]
リンパ節転移数を聞いたときは、完全に動転して、医師の話をきくのがやっとの状態になりました。
医師としても予想外とのことで、41個もとったつもりはなく病理に確認したが間違いないといわれたそうです。
ふつうはとったとしても25個程度であり、
検体を切ってしまい倍の数が出ている可能性もあるといっていましたが・・・。
あまりにも転移数が多いので、PETを受けることになりましたが、他の場所に何かあると思うと恐ろしい限りです。
田澤先生にお聞きしたいのは、
・なぜ、36/41という見たこともないような転移数がでてしまったのでしょうか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。