乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

非浸潤癌の治療について   [管理番号:3897]
10月初めに右乳房全摘、左乳房の摘出生検をしました。

結果は右は非浸潤癌で今後は無治療。
左も非浸潤癌だったのですが、病変は5mmと小さくおとなしいタイプなのでこちらも無治療で良いとの診断でした。

左乳房は温存なのに無治療でよいのか、放射線が必要なのでは?と疑問に思い こちらのQ&Aを「非浸潤癌 放射線」で検索したところ、非浸潤癌でも部分切除であれば「全例照射」と回答されています。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳ガンになりました   [管理番号:3576]
いくつかの石灰化がみつかり、集合してるものが数ヶ所、そのうちの1つをマンモトームで調べた結果、非浸潤性乳管ガン
グレード1
ER陽性 PgR陽性 ハーツー陰性 Ki67
8%です。
数ヶ所ある石灰化のひとつを調べたのが非浸潤ガンでも他の場所が浸潤ガンの可能性もあるんですよね?
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

人間ドック 要精密検査   [管理番号:3896]
人間ドックのエコーで去年は右乳房線維腺腫疑い

今年 右乳房腫瘤疑い 要精密検査という結果でした。

人間ドックの病院と、念のため別の総合病院の乳腺外科に行ってます。

人間ドックの病院では嚢胞がいくつか集まってるけど大丈夫。
血流もないし。
ただ稀に癌の時もあるから半年後またエコーという結果でした。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

オンコタイプDXと抗がん剤について   [管理番号:3895]
左胸全摘出手術
広い範囲の非浸潤癌
浸潤5mm
Her2 0
ホンモン陽性 どちらとも陽性だが30~50くらいとのこと。

kI67 26%

脈管浸潤、なし
リンパ転移なし

主治医から
抗がん剤とホンモン剤の治療を言われています。

田澤先生のこちらで勉強させてもらって、
抗がん剤を使うことに疑問があります。

すると、オンコタイプDXを勧められました。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ウィークリーパクリタキセルの効果   [管理番号:3842]
トリプルネガティブ 2b で、術前抗がん剤でac療法+ウィークリーパクリタキセルの治療を行っております。
最初のac療法では結構シコリが小さくなりました。
その後ウィークリーパクリタキセルを始めました。
先日2回目のウィークリーパクリタキセルを受けてきたのですが、その際主治医に触診していただきました。
しかしac療法後のエコー検査の際とシコリの大きさがほとんど変わりませんでした。
ある医師(主治医とは別の医師)からパクリタキセルの効果は、
1回目が一番大きいと聞いていたので心配になりました。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳房部分切除 再手術について   [管理番号:3894]
癌細胞を中心に余裕をもって切除したはずだが、なぜか切除部が
端に寄っており、病院基準では細胞から断片まで6mmの余裕を持って
切除できていれば良しとするところ2mmしか無く、万全を期すには追加切除が望ましいとの説明。

前回は2ヶ月待ちだったが、最短で月末10/(下旬)なら空きが有り、
切除部がわかるなるべく早めの日程が良いとの事で急遽再手術する事に。

なぜ切除部がずれたのか、こんな事は今まで無く、他の先生にも相談したが
プローブ(エコーカメラ?)を当てた時とはずした時で、乳房がずれた事が考えられるとの説明ですが納得がいきません。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。