乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

手術の必要性について   [管理番号:3874]
2回生検を受けて線維腺腫という結果でしたが、これはガンである心配はないという認識でよいでしょうか?

ころから二人目の子供を考えているのですが、妊娠中と授乳中は何か変化があっても分かりにくいようですので心配です。

現在のしこりの大きさは1センチから1.5センチくらいです。

外科手術をした方がいいのでしょうか?
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がんの種類について   [管理番号:3873]
浸潤小葉がんで温存手術し、現在は定期健診で経過観察中です。
ネットや書物で調べると、がんの種類が説明してあります。
自身の種類は病理検査の結果でわかりましたが、主治医の先生はほとんど「何がん」という言葉は使いません。

一般型か特殊型か、硬がんや小葉がんなど、原発の種類はあまり問題ではないのでしょうか。
種類によって、予後に特徴はないのでしょうか。
(多発しやすいとか、転移しやすいとか)
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

HER2に関連して   [管理番号:3872]
当方HER2タイプなので、このことに関連してお聞きします。

1:サブタイプとステージについての質問です。

田澤先生は、サブタイプは治療法を決める要因で、予後はステージで決まると回答されています。

生存率や再発率など、ステージが上がるほど悪いです。

サブタイプでは、HER2タイプは薬がよく効くと先生の回答に出ています。

ハーセプチンは再発を半分にするという回答を見ます。

薬がよく効く方が、予後が良いのではと期待してしまうのですが、どうなのでしょうか?
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

FEC療法7回目について   [管理番号:3871]
乳癌(肺、肝、骨、リンパ転移あり)治療中で先日FEC療法の6回目を終えました。

今後はタキサン療法を行う予定ですが、FEC療法の1,2回目に減量をしたため、医師より減量をした分、7回目をしますか?と問われました。

医師は提案のみであって、決めるのは本人とのことです。

前例もないとのことです。

本人は何を規準に考えればよいのか迷っている状態ですが、7回目をするメリット
デメリットがあれば教えていただけないでしょうか?
<女性:66歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。