乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

縦長しこりと分泌物(両胸)   [管理番号:1672]
7月のときの画像だと、乳腺しかわからくて、9月に縦長しこりがはっきりとしているのは、悪性の可能性が高いのでしょうか。
【質問6】
病理結果が出ました。
浸潤性乳管ガン硬ガン
浸潤は、0.07ミリでした。
これから25回放射線治療をし、完治と言われました。
浸潤で薬物治療なくても大丈夫ですか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

局所再発にについいて   [管理番号:3862]
8年前右乳房切除その後ゾラ2年ノルバ5年服用しました。

9月傷跡しこり発見10月局所再発し せつじょしました。

ペットctの結果です。

椎体中央にfocalな軽度集積があるようにみえます。
すぐ尾側に椎間板から連続するガス像を認めます。
変形性変化を考えますが経過観察時にご注意下さい。

左乳房b領域に3.6ミリほどのfocalなFDG集積を認めます。
ごく小さな乳癌の可能性があります。

このサイズだとusで確認できないかもしれませんが経過観察時にご注意下さい。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

リンパ節転移と抗がん剤   [管理番号:3861]
9月に乳癌の温存手術をしました。
病理結果
は浸潤型硬がん12ミリ×10ミリ×10ミリ
断端陰性グレード1脈管侵襲なし、ホルモン感受性ありHER2陰性リンパ節転移なしですが
腫瘍を含む切除した部分のリンパ節3つに5ミリ4ミリ0.3ミリの転移が含まれていました。
リンパ節覚醒はしていません。
今後の治療として抗がん剤TC療法
その後ホルモン療法放射線リンパ節領域含むと言われました。
抗がん剤は必要でしょうか?
<女性:62歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性乳管ガン転移   [管理番号:2293]
乳がんからの肝臓転移、ステージ4だと告げられ目の前が真っ暗になりました。
手術は出来なく、EC療法を来週からスタートする事になりました。
乳がんの大きさは19mmでCT画像ではリンパ節にも転移が認められていなかったのに肝臓転移(PET-CTで4箇所)見つかりました。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

病理結果について   [管理番号:3860]
7月末に右乳房右内下部に微細分葉状腫瘤と診断されガンセンターにて
温存でリンパ節かく清手術を受けました。
病理の結果は浸潤性乳管が
ん、リンパ節摘出20個のうち転移は
2ミリ以上1個、浸潤径1.5×1.4、
範囲3.8×3.3、核異型度2、組織異型度2、リンパ管、脈管侵襲はなし、ki16.6%、ホルモン感受性ありHER2なし、断端陽性、断端成分は非浸潤で日帰り手術予定です、
治療はアナストロゾール5年間と放射線です。
ルミナールの事は言われませんでした。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

今後の治療法を教えてください   [管理番号:3758]
1年前から、ホットフラッシュ真っ最中です。

9/(下旬)温存手術をし現在入院中です。

術前検査結果は、手術前日しこり1.7cm
細胞針結果 クラスIV、
針生検(組織針)
グレード2、HER2(+3) 陽性、浸潤癌、
MRI、CT、骨シンチ検査の結果 転移無し

手術時、センチネルリンパ生検で3個取り、その中の1個、一番手前6ミリの転移がありました。
2個は、転移無し。
転移があった為、その先のリンパ節をごそっと取ったそうです。
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。