乳がんプラザ|乳がんの手術・マンモトームは東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後の治療について   [管理番号:3823]
左乳房全摘、リンパ節レベル2まで郭清しました。

病理の結果
浸潤性乳管癌 T2N1M0
癌の大きさ 浸潤部約2.3cm 広がり約3.6cm
リンパ節に転移3/12(センチネルリンパ節)
異型度 Grade2(核Grade1)
微小なリンパ管、静脈への広がりなし
ER70%
PgR70%
HER2 陰性(1)
Ki67 5%

担当医から癌の大きさが大き目であること、リンパ節転移が3個ということ、あと年齢の事を考慮してフルコースの治療法を勧められました。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

断端陽性について   [管理番号:3822]
断端陽性で40歳以下では、断端陰性の人よりも乳房内再発が2倍になるというのを読みました。
これは、断端陽性でその後放射線治療をしなかった場合ですか。
それとも、放射線をしても2倍ということでしょうか。
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

オンコタイプ検査について   [管理番号:3821]
主治医からは、リンパ節転移があったので抗がん剤も勧められましたが、決断できず今の治療を優先していただきました。
自分としては、低リスクの可能性が高いと信じ、オンコタイプの検査をしてみたいと思っています。

主治医からはその検査のお話はなく、こちらで先生が説明されている中で初めて知りました。

術後3ヶ月が経過していますが、今からでも遅くはないでしょうか。
(検体は残っているのか?)

また患者側からお願いすれば、どの病院でもできるのでしょうか。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

田舎での治療   [管理番号:2730]
放射線はこの病院では設備が無く別な病院で行う
そこも医療従事者が集まらず潰れるのでは?と噂があるほど
放射線医師も他県から周1で派遣
毎日しなければならない治療に医師が周1しか来ない事に不安が・・・
今の先生も数か月後に同じ大学病院の別の医師と変るそうです
鉄道もない、公共の乗り物は使い物にならない、1人1台の車の保有率
車の運転ができない私は放射線のある病院に通うのは不可能
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。