乳がんプラザ|乳がんの手術・マンモトームは東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

浸潤性微小乳頭癌 ステージ3B   [管理番号:3531]
大きなしこりは、消えていましたが微小転移がたくさんあり かなりショックでした。
抗がん剤が効いていなかったのでしょうか。
術後の病理組織診断の結果
浸潤径が11×6cm
Grade 1
TNM pT4aN1
ER 90
Pgr 90
Ki 19
リンパ2ヶ所転移
水平断面は陰性ですが、深部断端は、胸筋と胸筋筋膜の明らかでない脂肪織に面して、微小乳頭癌の癌巣が散見され陽性となりました。
放射線治療の後にホルモン治療という流れになります。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

葉状腫瘍の疑いについて   [管理番号:3680]
今年5月頃に胸のしこりに気付きましたが、授乳中のため、そのままにしていましたが、何となくしこりが固くなった気がして、近くに新しく開設された乳腺外科を受診しました。

触診、超音波、マンモ、細胞診をして頂きました。
担当医自ら超音波を行って下さいました。
結果として、腫瘍は2cmで葉状腫瘍か乳頭腫の可能性が高いと言われました。
理由は腫瘍の内に嚢胞?が見える(私が見ても分かります)こと、太い動脈が確認できることとのこと。
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

検診を受けていた嚢胞に悪性の疑い   [管理番号:3578]
8月(中旬)日に以前からある嚢胞の側に小さなシコリを感じ乳腺外科にいきました。
マンモグラフィー、エコーをし、先生も嚢胞がいくつか確認できた。
でも以前からある嚢胞の形がしっかりしてないように見え、中も真っ黒でなく、薄くモヤモヤして見える(エコー所見)から針生検をしました。
結果はクラスⅣで、先生も驚いたようです。

驚いたのには少し理由がありまして、5月に市の検診のエコーを受けていて、2014年11月にも受けており、いずれも嚢胞と診断されました。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

KI67数値の高さに怯えてしまい、落ち込んでいます。   [管理番号:3730]
ステージ1で腫瘍13mm。

エストロゲン受容体 陽性
プロゲステロン受容体 陽性
HER2 1+
核異形度 グレード1
Ki67 90%
Ki67の数値が高いためにルミナールBだという診断を受けました。

発見された腫瘍以外にも近隣にステージ0の小さな腫瘍が多々見つかり
(MRIで確認していただきました。)10月末に右胸乳房全摘をする予定です。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。