乳がんプラザ|乳がんの手術・マンモトームは東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳輪の下にできたしこりについて   [管理番号:3694]
初めてしこりを触知したのは、2週間ほど前です。

鏡の前で自己検診をしていた際、
右乳房の乳輪の下(奥ではなく、下です。)に影があり、
その部分を指で触ってみたところ、しこりに触れました。

皮膚に近い場所にしこりがあり、
しこり部分が膨らんでいたため、その下に影が出来ていました。

大きさは1cmに満たない程度かと思います。

ちょうど乳輪の淵に沿うように、横に長い形をしています。

硬さは、座っている状態で触ると、グミのような硬さですが、
横になった状態で触ると、小さく(平べったく)なり、
柔らかくなるように感じます。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ルミナルA StageⅡaの治療について   [管理番号:3693]
①ルミナルAですが、抗がん剤の上乗せ6%となることに迷っています。
できれば抗がん剤は回避したいですが、少しでも再発を抑えたい気持ちもあります。
リスクが低~中程度となっているため、低リスクに比べれば抗がん剤の上乗せがあるということでしょうか。

②若年性乳がんが予後が悪いとされているのは、進行してから発見されることが多いからでしょうか。
トリプルネガティブも多いと言われていますが、私のようにルミナルAの場合でも、全く同じ病期、サブタイプである若年性以外の方と比較しても予後が悪いということがあるのでしょうか。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

とっても不安です   [管理番号:3692]
針生検の結果は
Invasive ductal carcinoma
核小体明瞭でクロマチンの増大した腫大、大小不同核を有する腫瘍細胞が
大小の胞巣を形成して浸潤性に増殖しています。
間質の線維化を伴います。

となっています。

血液検査のCA15-3も34.7と高いとのこと。

今分かっているのはここまでです。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ルミナルBの薬物療法について   [管理番号:3691]
母(70歳)が乳癌(右乳房)になりました。

浸潤性乳管癌・ステージⅠ
腫瘍径:11mm
エストロゲン:8
プロゲステロン:6
HER2: 2+ (精査中)
Mib-1:40%
リンパ節転移:MRI,PETの段階では見えない(ないものと思われる。)とのこと。

HER2については現在精査中ではあるが、ホルモン受容性乳がんとのことであり、手術後は、聞き間違いでなければ、抗がん剤のことは言わず、ハーセプチン+ホルモン療法を考えている、とおっしゃいました。
<女性:70歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

断乳後のマンモについて   [管理番号:3690]
断乳後4か月目に、健診にて、通常のマンモ(2D)と超音波検査を行いました。
その結果、小石灰化が認められ要検査でしたので、その後、都内のの乳腺専門のクリニックにて3Dマンモと超音波検査を行いました。

専門医の先生からは、断乳後間もないのでその影響だろうし心配はいらない、1年後の検査でよいと言われました。
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。