乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

手術について   [管理番号:3681]
腫瘍 6mm
浸潤性乳がん
エストロゲン受容体 陽性
プロゲステロン 陽性
HER2 陰性
Ki-67 8%
グレード2
リンパ節への転移がなければステージ1

9月(下旬)日より、ノルバデックス10mgの朝・夕2回の服用を開始しました。

現在、手術について悩んでいます。

●「全摘、背中からの同時再建」を希望しました。

その場合、形成外科のスケジュールの関係で手術は11月末になるとの事。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

エコーで石灰化?   [管理番号:3077]
今日、エコーで乳腺をみてもらい異常なしと言われました。
ですが、エコーで右胸に白い線みたいなもの横長に写っており、石灰化かな?にしては周りの血管?に肥大がみられいから全く心配するものではないですよ。
とのことで異常なしと言われました。
マンモはまだしなくていいです。とのこと。
私が精密検査しなくて良いか尋ねたら、この所見で異常なしなので精密検査不要と言われました。
心配するような所見ではないので安心してくれと、言われました。
<女性:29歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ再発後の治療法   [管理番号:2102]
手術時に出した病理の結果が出て温存した乳房に腫瘍細胞の遺残が多かったことから全摘手術をしました。
リンパ節への転移はレベル1に4個でした。
術前の抗がん剤治療は術後の抗がん剤治療も兼ねていると言われ、
現在は、放射線治療を行っています。
結局全摘するならFEC終えた時点で手術すれば、と後悔しています。
母は今再発、転移の恐怖と戦っています。
今後、再発した場合はどのような治療法がありますでしょうか。
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

腋窩リンパ節転移   [管理番号:3357]
浸潤径8 mm 、センチネルリンパ節転移無し、ステージⅠ、 luminalA 、
3か月ごとの血液
検査で異常なしにも関わらず、1年で転移するものなのでしょうか。
また、現段階での多臓器転移の可能性はどのくらい考えられますでしょうか。
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がんの診断を受けました   [管理番号:1538]
乳がん(硬がん)の診断を受けました。左乳房に、9mmと8mmのガンがひとつずつあります。
サブタイプは、ルミナルAです。PETCTの検査はこれからです。心配なのは、その結果を待たずに、主治医の先生が、「治療は、手術とホルモン療法だけになります」とおっしゃったことです。<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がん手術の麻酔について   [管理番号:3373]
両側の手術を同時に行いましたが手術の時、麻酔の点滴を左腕にやりました。
後日、普通 両側手術の場合は足から点滴をすると知りました。
これはリンパ浮腫の問題だけのことですか。
私は左腕でやってしまいましたがリンパ浮腫の心配はないのでしょうか。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。