乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

Ncc st439の上昇について   [管理番号:3573]
術後TC療法6回、その後ホルモン注射、ノルバデクス五年を今年3月に終了致しました。
定期検査では、特に異常はなく、3月から無治療となりました。
しかし、今年3月の血液検査で、ncc st が、
5.1となり、先日、再受診、もう一度血液検査をして、3週間後に結果を聞きに行きます。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の不安   [管理番号:3670]
乳頭腺管癌 転移はなし
pT1b(1.0cm.波乃度g) pNO(sentine0/2)
MO,Stage1 Nuclear1(1+1)
腫瘍の最大径は10mm
ER陽性  PgR陽性 Her2 陰性  Ki-67 10.5%
と記載されていました。

今はホルモン治療をしています。

先生は全摘もして心配はない。
無駄な治療、検査は必要がないししないほうがいいといいます。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤治療後の妊娠の可能性   [管理番号:3046]
○トリプルポジティブ グレード3 核異形成?3は極めて予後は悪く完治はないのか?又再発、転移の可能性は高いのか?
○妊娠は今後無理なのでしょうか?諦めた方がよいのでしょうか?
○卵巣機能に影響の少ない抗がん剤はあるのでしょうか?あった場合乳がんに対しての効果は低いのでしょうか?
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療について   [管理番号:3669]
8/(中旬) 温存手術済
浸潤性入管癌
腫瘍径 21×20×12㎜
右センチネルリンパ節 0/3
ER 陽性
PR 陽性
HER2 2+ (+HER-2の増幅を認めました)
KI-67 3.5%
年齢 35歳0ヶ月 (手術時34歳)

術後の治療方ですが、HER2の値、年齢、腫瘍の大きさを考え化学療法を勧められました。
その後、ハーセプチン、ホルモン療法、放射線となります。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

右胸の線維腺腫について   [管理番号:3668]
乳腺外科を受診したところ、触診、乳腺エコー、マンモグラフィーをした結果、5㎜程(と言われたと思います)の線維腺腫と言われました。
エコーを少し見たところ、きれいな楕円形に見えました。

この年齢で大きくなることは稀なので、また1年後ぐらいに検診をしたらよいと言われましたが、線維腺腫は、エコー上で、そうであると確実に判断できるもので、これ以上の検査は今のところ必要ないのでしょうか?
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術について   [管理番号:3667]
病理の結果は、5ミリ浸潤とわかり、転移はなし、HER2はゼロでした。
これからのことも考え、乳腺の全摘術を月末に受けることになりました。
術後にはホルモン治療も勧められております。

それで、先生に教えていただきたいのが、乳頭も全部取った方がいいのかというのと、そして、5ミリの大きさなら本当にホルモン治療が必要なのかどうか、
そして、術後、定期検診ではどのようなことをしてもらったらいいのかということを教えていただきたく思います。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

肉芽腫性乳腺炎について   [管理番号:2568]
最初の先生に、がんではないとは言い切れないといわれてから不安なままです。
膿がでているということは癌ではなく肉芽腫性乳腺炎で間違いないのでしょうか。
いずれ切除手術も視野にいれています。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。