乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

石灰化のみの乳がん病変   [管理番号:3470]
【質問①】
非浸潤ガンでも、各施設スタンダードは予防照射をするようで、温存手術だけでいいのか、ということです。
手術だけでいいとする時は、どのような条件になるのかも教えてください。
断端陽性ならまた切除すればいい、という事でしょうか?

私が少し調べた範囲では、癌研有明は、非浸潤の部分切除に照射しない、というのもやっておられるようですが、施設のレベルも違うだろうし。
照射しないなら、よほど手術技術の高い所でないといけないのではないか。

先生の施設のようにかなり入念に病変を取り扱う施設でも、照射されているのに、とも思ってしまいます。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

病理結果について   [管理番号:3462]
6月の乳がん検診で1.1センチのしこりが見つかりその後癌確定になりました。

7月中旬に手術を行い先日病理結果がでました。

内容は以下の通りです。

右乳がん 硬がん
腫瘍径 1.2センチ
リンパ転移なし
脈管侵襲なし

核グレード 2
ER90%
PGR 80%
HER2 陰性 (スコア0)

ki67 43%

気になるのはki67の値です。

先生も高いね、と言われてたのですが
number of mitomic figuresが1なので大丈夫と思う、と言われてました。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブの治療について   [管理番号:3432]
左乳房部分切除+センチネルリンパ節生検
・浸潤性乳管癌(化生癌様 分泌癌様の部位あり)
・大きさ:浸潤部 1.2cm(=T1)
・核グレード(NG):2
・組織学的波及度:乳腺組織内にとどまる
・リンパ管侵襲(ly):0
・リンパ節転移:なし(N 0)
・センチネルリンパ節:0/4+5
・Ki67:50%
・サブタイプ:トリプルネガティブ
4月に温存手術を行い、5月から化学療法(AC療法を3週ごと、4回)を行いました。
今後は放射線治療を行う予定で木曜には放射線科を受診します。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

隆起   [管理番号:3467]
6月上旬に左胸全摘。
8月より抗ガン剤治療半年予定です。

術後リンパ液がなかなか止まらず、抗ガン剤開始のさいも、ちょっとまだでてるかな、と。
ただ抜くほどではなく、抗ガン剤治療が始まりました。
ただ、左ワキより少し背中よりが隆起しており、贅肉なのか、やはり少したまっているのか、少しゼリー状になってきているのか、不安です。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術前検査結果と病理検査結果   [管理番号:3469]
シコリは1つではなくまとまって何個かあると言われていました。
すべて同じ乳管内だったそうなので多発では無いと言われました。
シコリの大きさ 8ミリ リンパ節に転移無し ホルモン受容体陽性 ガン細胞
悪性度 2 HER2陰性 充実腺管ガン
Ki67は術前検査のマンモトームでしか調べてない。
この病院は一度しか調べませんと言われました。
ステージは?と聞いたらこの時点でステージは関係ないですと言われました。
ステージ2Aのままですか?
このサイトで先生がKi67はしっかり病変で見ないとと書いてありモヤモヤしてしまいました。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。