乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

転院先について   [管理番号:3445]
現在、右側に5~7ミリのしこりが4個、左側に8ミリのしこりが2個と3ミリの水袋が2個。

乳腺科の先生は、1年間みてかわりないとの事でした。

治療してない為、検診という形になってて、治療が必要な患者さんが沢山いて6ヶ月毎に検査できないと言われ、次回の検診~先生の紹介先のクリニック(乳腺認定医)に転院する事になりました。

クリニックが今の総合病院より遠いから市町村の検診に戻っても良いか聞くと「これだけしこりがあるのに検診だと精密検査になるよ。専門の先生で経過観察継続」と言われました。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤を上乗せする効果について   [管理番号:3401]
左右とも浸潤性小葉癌ルミナールAで、左全摘、右乳頭のみ温存で全摘しました。
病理検査の結果は左右ともER70%、PgR90%、HER2陰性です。
グレードと分裂像は左右とも1、核異型は右2左1、
MIB-1右20%左15%、浸潤径右1.5左3.6、リンパ節転移と脈管侵襲は左右なしです。
断端は左陰性、右近接です。
ホルモン治療に加えてACまたはTC療法4クールも選択肢として提示されました。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

しこりの大きい小葉癌   [管理番号:3444]
質問① 田澤先生、この検査結果をご覧になり、抗がん剤は必要と思われますか?担当医からは抗がん剤の話を次回したいとのことでした。
しこりの大きさと核グレード2ということでやっておいた方が安全とのことした。
<女性>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルポジティブの術後薬物療法について   [管理番号:3443]
右乳房全摘手術を受け、下旬に病理検査の結果が出ました。
しこりは3cmで、センチネルリンパ節に転移なし。
ホルモンレセプター 陽性、HER-2遺伝子増幅 陽性。
以上が、聞かされた結果です。

すすめられた術後薬物療法は、
1.AC(ドキソルビシン・エンドキサン)を3週間毎に4回
2.ハープセチンを3週間毎に18回
3.ハープセチンと並行してノルバデックスを5年間内服
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

頭蓋骨転移の治療方法について   [管理番号:3408]
術後16年目にして骨転移が判明した58歳の地方の乳がん患者(女性)です。

この度、額に小さなたんこぶのようものが出現し、脂肪腫だろうということで形成外科のクリニックで手術を受けたことがきっかけで再発がわかりました。

PETCTでわかる範囲では、転移箇所は、頭蓋骨(右前頭部)と右腸骨です。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールB?抗ガン剤迷っています。   [管理番号:1634]
主治医の先生はステージも1だし、初期なので抗ガン剤はやらなくてもいいと思いますとおっしゃっています。
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

左胸乳がんと診断されましたが右胸も怪しい感じです   [管理番号:3021]
MRI検査の後、技師の方が、右側のことを聞いてきました。
右側は何とも言われなかったのか、自分でしこりは感じないか等。
以前石灰化していると言われましたがとお答えしたのですが、これは右にもがんがあるということなのでしょうか?
急に不安になり、悪いことばかり考えてしまいます。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。