乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後の病理結果   [管理番号:3318]
今の時点でわかっているのは、ステージ3段階のうち“3”たちの悪いガンなので、抗がん剤は確実と言われました。

術前ではステージ2Aで温存も可から、大事をとって全摘にしたのに、進行性のものなのでしょうか?術前の針生検無しが最悪の事としておこりそうです。

いきなりぶしつけな質問であることはわかった上で、私の余命は低いものでしょうか?
先生の御言葉が欲しいです。
<女性:66歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

母の乳がん手術・治療について   [管理番号:3204]
母は、18年前にも左側乳房を乳がんで全摘しており、それ以来、年に一度のマンモグラフィと3か月に一度の診察に通っていたのですが、右側の乳がんは、病院では、指摘されず、母が自分でしこりを見つけて、発覚しました。

こんなにがんが大きくなるまで、病院で診察を受けながら見つからないことがあるのでしょうか?

田舎でもあり、手術はこの病院で受けますが、母が診察を受けていた医師は、乳がんは専門外とのことで、手術は、他の医師がされます。

執刀医は、専攻医の若い女性医師で、外科部長(呼吸器外科がご専門ですが、乳腺も以前から診ているとのこと)と一緒に手術をされるとのことです。
<女性:76歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブの治療について   [管理番号:3432]
左乳房部分切除+センチネルリンパ節生検
・浸潤性乳管癌(化生癌様 分泌癌様の部位あり)
・大きさ:浸潤部 1.2cm(=T1)
・核グレード(NG):2
・組織学的波及度:乳腺組織内にとどまる
・リンパ管侵襲(ly):0
・リンパ節転移:なし(N 0)
・センチネルリンパ節:0/4+5
・Ki67:50%
・サブタイプ:トリプルネガティブ
4月に温存手術を行い、5月から化学療法(AC療法を3週ごと、4回)を行いました。
今後は放射線治療を行う予定で木曜には放射線科を受診します。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

石灰化と腫瘤について   [管理番号:3431]
市の検診を受け、一ヶ月後に石灰化、カテゴリー3、要精査との結果が来て、検診センターで拡大マンモ?と超音波検査を受けました。

その中で左乳房下部に細かい石灰化が密集していました。

二年前のマンモでは無かったので、悪性の可能性が高いのだろうと、
マンモトームを受けることになりました。
金属アレルギーがあるので、
クリップは残さない様にしてもらうつもりです。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳ガン検診について   [管理番号:3430]
8年前に自身の細胞注入の豊胸手術を行っており
現在の症状は左乳輪上の大きく硬いしこり、乳頭乳輪付近のかゆみ、左脇にさわって分かるほどのビー玉大のしこりとそのしこりに痛みがあります。

5センチもあるしこりが癌か癌じゃないのかは
マンモグラフィーやエコーの画像を見ても細胞や組織の検査をしなければ医者でも分からないものなのでしょうか?
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

リンパ管侵襲がひどい場合のリスクについて   [管理番号:3349]
癌が2個ではなく1つの大きな5cmぐらいのかたまりととらえられ
ステージ2bでリンパ管侵襲+3の 高リスクな乳癌と説明をうけました。
リンパ管の中にびっしり癌が・・・という表現でしたが、これは相当よくない結果ですよね。
ステージは2ですが、生存率がかなり低いのではと、不安でしかたありません。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

治療方針について   [管理番号:3429]
左乳がんの診断を受け、温存術・リンパ節生険の手術を行い、
永久標本より、しこりより16cmの浸潤、またセンチネルリンパ節の4本中1つに陽性が出たため、
全摘出・腋窩リンパ節郭清を行いました。

今後は、ホルモン治療を行っていく事を薦められました。

まだ治療方針の確定はしていません。

手術とは違い、薬の判断を間違うと時間を無駄にしてしまうだけでなく、
身体にとっても悪影響を及ぼし兼ねないという不安があります。
先生でしたら、どのような方針でどのような治療を行っていかれるでしょうか。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。