乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

一転してDCISの判断   [管理番号:3428]
再度訪れると、「DCIS]の文字が。
「術前検査今日ならすべて入ります」、とっても手術をしたそうです。
乳腺外科ができて4年目なので、
実績がほしい、とも思ってしまいます。

①再度、再度検討したら、診断が変わるということは、よくありますか?
最初から、DCISと言われたら素直に受け入れられたのですが、よく検討したらDCISって、不信感です。

②DCISと診断されたら、手術しかないでしょうか?自分がDCISと気づかず一生を終える方もいるときくと、経過観察でもいいのかとも、思ってしまします。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

切開生検   [管理番号:3419]
マンモトームで非浸潤性乳官ガンの疑いという結果で、
9月の始めに切開生検を予定してます。

切開生検はどのくらい時間かかりますか?
傷は残るようですが痛みや家事をする不便はありますか?
1週間位は不便ですか?
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

今後の化学療法について   [管理番号:3427]
右側浸潤性乳管がん(硬がん)にて3月末に右胸全摘術、リンパ節郭清しました。

T2 N1 (センチネルリンパ節に転移一個のみ)
ER PgR 陽性(50%)
HER2 陰性
MiB-1(20%)
grade2

最終病理結果が出る前に5月から抗ガン剤TCスタートし4回を終えたところで主治医より、gradeが2であることMiB-1値が20%である事などからFEC4回追加したほうが良いと言われ
今月(上旬)日に1回目をしたのですが
吐き気の副作用が強くとても辛く中止出来るならと思っています。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

生存率や治療について   [管理番号:3426]
全摘後の結果からです。
浸潤性乳癌癌
最大径2.5cm
グレード2
リンパ管への広がり中等度
リンパ転移 1/25 2mm以下の微小転移
ステージ2B

ホルモン陽性
HER2陰性
KI33%

治療はCEF4クール、ドセタキセル4クール、その後リュープリン2年、ホルモン療法5年を予定しております。

まず、再発についてとても不安があります。

私の場合どのくらい再発率があるでしょうか。
<女性:27歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

母のことで相談です   [管理番号:3395]
7月下旬 手術、左乳房全摘、リンパ節レベル1・2を廓清した。

1、即手術を選択しましたが、正しい判断だったでしょうか?
2、病理の結果から、リンパ節レベル1は転移していないと考えてよいでしょうか?
3、抗がん剤の前に放射線治療をした方が良いのではないでしょうか?
4、ER-, PGR 3%でホルモン剤は効果があるのでしょうか?
5、5年生存率はどの程度になりますか?
6、術後治療のことで、特に注意すべきポイントを教えてください。
<女性:60歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

骨転移   [管理番号:3425]
6月に温存手術を受けました。

術後の病理結果は、

浸潤径 0.5 1.0 0.5
センチネル 0/3
ルミナールA

術前にCT.MRIでは、転移はありませんでした。

ですが、術側とは反対側の背中が手術前より痛みがあり、今も治りません。
痛みは鈍痛で、常にではありませんが。

充分早期だと思うので、骨転移ではないと信じたいですが、やはり骨シンチを受けた方が良いのでしょうか?
事前のCT.MRIでは分からないのでしょうか?
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤癌とアロマターゼ阻害剤   [管理番号:3424]
一年前に非浸潤ガンで乳頭を残し摘出していて、今は無治療です。

実は主治医から対側乳癌の予防にアロマターゼ阻害剤を勧められましたが、副作用を考え断ってしまいました。

以前の先生の回答に非浸潤ガンでは閉経後のホルモン剤は適応外だと読み無治療に自信を持っていたのですが、やはりホルモン剤治療をすることを考えた方が良いのでしょうか?
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。