乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳がんの可能性について   [管理番号:3129]
しこりを上から押すと逃げるように動くと良性の可能性があると見たのですが、この場合しこりの真上から押すのでしょうか?
私のしこりは真上からだと全く動く感じはなく、当たり前なのかもしれませんがしこりの一番上や下から押すと動きます。
根をはっているかというのも自分のしこりではよくわからないのですが、動かない=根をはっているということになるのでしょうか?
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

妻の病状   [管理番号:2551]
(1)非浸潤性と浸潤性では、浸潤性のほうが転移しやすいのですか?
(2)がんの位置によっても、転移しやすかったり、しにくかったりするのですか?妻は右乳首上2.5cmやや内よりです。
(3)考えたくないのですが万が一リンパに転移してたとして完治できるのでしょうか?大丈夫なのですか?
(4)手術まえの検査で、だいたい分かるのですか?
(5)手術は4月か5月ですけど、その間にがんが成長しないのか?
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳癌の検査についてと治療後の妊娠出産について   [管理番号:2750]
35歳で第二子を希望しています。
正しく今同じ状態で左胸にシコリが三年前授乳期終盤に見つかりマンモと細胞検査で異常なし、
助産師さんにも乳腺のつまりじゃないかと言われ安心していました。
しかし最近第二子を望むようになり、同じ左胸に以前より目立つシコリが気になり妊娠出産も考え再び検査に行きました。
同じくマンモと細胞検査を行い、シコリが2つあること、左胸だけに石灰化が見られることが分かりました。
医師から前回には見られなかったものだし、左胸だけに見られるということから
マンモトームをしてみてもいいのではないか、と言われました。
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後病理検査結果について   [管理番号:3128]
一見ⅡAかと思いますがⅡbとの表記もあり、顔つきが悪く早期ではないと言われました。
そして
「IDCの辺縁に、拡張した乳管に類円形の核を有する小型の異型細胞が充実性に配列する像と、一ヶ所に個細胞~数個の小胞巣を形成する癌が間質内にばらばらと浸潤する像を認める。
いずれの細胞もE-cadherinを喪失しており、LCISおよび浸潤性小葉癌と診断する。」と。
温存した乳房に残っているのでしょうか?
癌は全部取ったんですよね?と聞いたら「大丈夫そう、あとは放射線で」と言われ心配です。
残っているなら、放射線と抗ガン剤を受けるべきでしょうか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

骨転移   [管理番号:2739]
3月に乳癌と宣告され術前検査中です。
多発性で1番大きい腫瘍が2.3センチ ホルモン受容体は強陽性 リンパ節転移はなさそう。
HER偽陽性で精密検査中、Ki67が28%でした。
全摘で同時再建の予定です。
やっと前向きになってきたところでしたが、先週骨シンチ検査して、
今日病院から電話があり骨盤のMRIの検査の追加の連絡でした。
骨シンチで引っかかる所見があったようです。
目の前が真っ暗で涙が止まりません。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。