乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

しこりが触れず6ヶ月後に来て、と言われました。   [管理番号:3117]
触診→エコー→マンモをしました。
※触診以外は女性技師の方にお任せしていました。
また、マンモの技師の方には、左胸上に、右ののうほうとは違う病気があるかもしれないから、組織診をやるか先生が判断されます、と言われました。
その結果、先生にマンモをみると左の上部にしこりが見える、と言われました。
その話の後、もう一度、触診があり、「分かんねぇなぁ、分かんねぇなぁ」とくり返し、「分泌物が出てこない」と言われました。
そして「半年後にまた来て下さい」と言われました。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

再発?転移?   [管理番号:3116]
左温存術後一年です。
気になる症状があります。
pT1c pN1(mi 0.3mm) luminal
放射線25回 アリミデックス服用中です。
術側左腕肘の内側が5cm位腫れています。
痛みはありません。
腕を伸ばして外側にひねると
つっぱる感じがします。
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

病理検査の結果について   [管理番号:3115]
現在主治医より
ステージ1 限定的な浸潤がある
今後の治療:放射線治療(5週間25回)ホルモン治療 アリミデックス(5年間)と言われています。
細胞診でも結果が一致せず(しない場合も多いと説明は受けました)マンモトーム生検では、前癌症状とでました。
最終的な術後病理診断では、「浸潤性乳がん」となり、検査の度に症状が軽かったり重くなったりしています。
術後病理検査が一番正確と思っています。
術後病理検査の中の癌のステージが主治医からのものと合わずに不安を持っています。
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

大きなしこりについて   [管理番号:2987]
総合病院の乳腺内分泌外科で診察してもらえました。
「エコー、マンモグラフィーで見ても明らかに悪いかんじの腫瘍はないので、炎症が起こっているのかもしれないが、
脇のリンパも少し腫れているようだから念のため」ということで、脇のリンパと左胸の1番硬そうな部分の細胞診をして、今は結果を待っているところです。
左胸は皮膚の中にもう一つ小さくて硬い胸があるような、直径10センチ弱の平たい山のような塊があるかんじです。
最初に見つけた時から小さなしこりではなく、急に広範囲で乳腺が腫れているようなかんじでした。
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術後の治療についての相談   [管理番号:3114]
4月末に右胸 乳頭・乳輪温存 皮下乳腺全摘 シリコンで同時再建の手術を無事すませた者です。
病理診断の結果としては
粘液癌 腫瘍の大きさ 1.1×0.8 1.6×0.7
ステ-ジ1
グレ-ド2
ルミナ-ルA リンパ節 転移なし
Ki67 一部20%との説明(当院では20%が標準値との説明)
との結果がでました。
しかし、追加の説明がありました。
①乳頭下に異形細胞が見つかったこと。
②乳房内のリンパ管内の乳がんが見つかったこと。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。