乳がんプラザ|乳がんの手術・マンモトームは東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

補助治療について   [管理番号:2184]
妊娠後期に乳がんの告知を受け、現在は手術まで完了しております。
(11月初旬:乳がん告知、12月初旬:出産、中旬:温存手術を行いました。)
今後の補助治療についてアドバイス頂ければ幸いです。
<女性:37歳>⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

閉経前フェマーラの影響   [管理番号:3061]
術後10ヶ月ぐらい後にタスオミンからフェマーラに変更になりましたが、1ヶ月でタスオミンに戻りその後また1ヶ月後にフェマーラになりました。
主治医はホルモンの値などを見て決めたようです。
半年フェマーラを飲んでいたら出血があり生理でした。
すぐに止めてタスオミンになりまた。
<女性:55歳>⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

脇にしこりがある   [管理番号:3104]
乳腺外科で診てもらったところ、おそらく副乳だろうと言われました。
時々痛みがあります。
ジーンとする痛みです。
言われてみれば生理前に少し硬くなっています。
1年毎に人間ドックでエコーとマンモグラフィーをしてもらい乳房を診てもらっていますが、脇のしこりまでは検査していません。
<女性:40歳>⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後補助療法について   [管理番号:3103]
浸潤性充実腺管がん トリプルネガティブ グレード1a
脂肪織への浸潤 静脈侵襲を認める
化学療法に対しては DCISに変化があると考えられ 壊死を認める。
しかし、
浸潤病変に関してはほとんど変化はみとめられない。
断端は陰性 リンパ転移はみとめられない。
先日の診察で 補助療法としてタキサン系の抗がん剤を三週おきに6回することを告げられました。
がんの顔つきが良くないのが気になるから・・・ということでした。
<女性:56歳>⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

エコー画像とグレード3について   [管理番号:3102]
「核グレードについて」
免疫染色がまだなのですが、核グレード3(核異型度3、核分裂像2)が気になります。
(細胞診のコメントで核異型度が高そうな記載があったので、核グレード1ではないのかもと素人ながら覚悟していましたが)
・そもそも、術後の病理結果を待つべきであって術前の組織診での核グレードは考慮すべきではないでしょうか?
<女性:43歳>⇒ 回答はこちらをクリックしてください。