乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

非浸潤性乳管癌から浸潤癌へのグレードアップについて   [管理番号:3075]
「本当に非浸潤性ですか?」と伺ったところ、「針生検で一番悪いと思われるところをとって
非浸潤性乳管癌だからほぼそうだと思います」とのことなのですが、他に浸潤している可能性もやはり可能性としてはあるのですよね?
非浸潤癌と思っていたものが、実はステージが高い浸潤癌だったということもあるのでしょうか?
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がんの手術をしたら葉状腫瘍と言われました。   [管理番号:3074]
4月に細胞診とMRIの結果、右乳房の乳がんと診断され、5月中旬にセンチネルリンパ節と温存療法の手術を受けました。
先週病理の結果を聞いたら乳がんではなく、良性の葉状腫瘍ということでした。
こんな間違いはあるのでしょうか?
葉状腫瘍だとリンパ節に転移がないので、
リンパ節をさわる必要はなかったとを思うと残念でたまりません。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

小葉癌の治療について   [管理番号:2513]
質問;浸潤性小葉癌の腫瘍径が8×5mmでも、3種類の癌が混在することになります。
これでも再部分切除+放射線治療で本当に安全なのか疑問です。
質問;再部分切除でも断端陽性だったら全摘にしようと思いますが、陰性でも検討した方が良いのでしょうか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールA、グレード3の化学療法追加について   [管理番号:3073]
左側について、ルミナールA(Ki67で判断する場合)かルミナールB(核グレードで判断する場合)と言われ、リンパ節転移有り、腫瘍径50mm、グレード3ということで化学療法を検討するように言われました(積極的には勧められていません)。
特にグレード3が気になるのですが、本人は、術前の結果のこともあり「抗がん剤は使いたくない」と言うので、私も尊重しようと考えていますが、問題ないでしょうか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。